自転車の装備紹介(バーナー・ストーブ2)

イワタニ産業 イワタニカセットガスジュニアバーナー

カセットガス式 日本一周人向け お薦めNo2
定価 7350円(税込)

【お薦めポイント】
ハイキングや軽登山、セカンドバーナー、防災備品としてオススメです。

【個人的コメント】
私が自転車の日本一周の時から使用しているのがこのバーナー。ハードケース付きでかなりタフ。どこでも手に入るカセットガス方式なので、燃料の入手に関しては安心。専用ボンベの使用が推奨されているが、今まで他メーカーのボンベを使用しても特に問題は無かった。UNIFLAME(ユニフレーム) ミニバーナー US−600(上のバーナーと比べると火力が2300kcalといくらか落ちるが、特に問題は無かった。デメリットは火が中央に集まられている為に、トーストなどを焼く時は真ん中が焦げやすいので、注意が必要だった。網などを使って魚を焼く場合も注意が必要だと思う。また点火装置は長く使用していると壊れやすいが、ライターなどで点火すれば問題なし。
写真または画像

ユニフレーム(UNIFLAME) US−TRAIL

カセットガス式 長距離ツーリング向け お薦めNo2
【お薦めポイント】
レギュラーガス使用時約55分の連続使用が可能。トレイルスクエアの小鍋に入る収納性(100x80x90mm)とシンプルな構造がアウトドアクッカーの心をくすぐるシングルバーナーの代表作品です。

【個人的コメント】
どこでも手に入るカセットガス方式なので、燃料の入手に関しては安心。こちらの特徴はコンパクトに畳める事と不整地での使用でも安定して使用出切る事。
写真または画像

SOTO(ソト) G−ストーブSTG−10

カセットガス式 コンパクトタイプ 定価 6820円(税込)

本体サイズ 幅15.3×奥行19.5×高さ7.7cm 重量380g
材質 本体 : アルミニウム+ステンレス
火口 : アルミダイカスト
バルブ : 真鍮
仕様 ●収納時はBOOK型の世界最薄シングルバーナー
●V字型のボディが反射板と風防の役割
●火力 : 2.9kw(2500kcal/h) (STG-70使用時)
●点火方式 : 圧電点火方式
●収納時 : 幅14.2 奥行7.8 高さ22.5cm
●付属品 : 収納ケース、補助ゴトク
●ボンベ別売

【お薦めポイント】
世界最薄シングルバーナー。BOOK型タフボディ。
V字型に開いたボディが風防の役割と同時に、反射板になり、熱の拡張を抑えることで
熱効果率を向上させています。
また、ボディはアルミ押出材およびステンレス製ですから軽くて強固な仕上がりです。

【商品レビュー】
とても小型、少々重いが非常に丈夫、低いコンロで安定性は抜群です。一般家庭用カセットコンロ用のガスボンベでも着荷する事は可能(多分保証外ですが)な所が非常に経済的で気に入っています。
ただ、小型であるためにバーナの出火口が小さくまとまっており、通常の大きさの鍋で火力を出し過ぎると焦げてしまう。お湯を沸かすのであれば焦げ付きも心配無いので、料理主体の使い方には向かないと思います。
また、ガスボンベ取り付けの際には、しっかり説明書を読む事をオススメします。読まずに取り付けられず、専用のボンベでないと使用できないのかと勘違いし、1ヶ月放置してしまいました。

保証外の使い方ですが、山専門の方はさらに軽量コンパクトにするため、バーナー部分のみ持ち歩くそうです。そのためゴトクは近場の岩で代用するのでしょうね。自転車でキャンプとなると、近くでゴトクに代るものを見つけることは難しそうなので、この方法は難しいかも。
写真または画像 写真または画像 写真または画像