自転車の装備紹介(バーナー・ストーブ)

UNIFLAME(ユニフレーム) ミニバーナー US−600

カセットガス式 長距離ツーリング向け お薦めNo1

【お薦めポイント】
カセットガス横置きのダイレクト接続型ミニバーナー。ボディはコンパクトながら、3.900kcal/hのハイパワー。■サイズ⇒85×85×115(h)mm ■重量⇒335g ■燃焼時間⇒プレミアムガス:約45分(最大火力時)プレミアムガスショート:約20分(最大火力時) ■点火方式⇒圧電点火

【商品レビュー】
キャンピングガスのストーブを使っていましたがボンベがだんだん入手しづらくなり、「つめかえ君」で普通の家庭用カセットガス
ボンベから移しています。これも近ごろ億劫になり、思い切ってダイレクトに家庭用カセットボンベが使えるストーブに切り替えま
した。決め手は通常のカセットで3000kcal/hという驚くべきスペックでした。
実際に使ってみて火力は強い、という印象です。ただし気のせいか、その分ガスの消費量もかなり大きいようです。イグナイターが真っ赤に焼けるのもちょっと心配でしたが、機能上は問題ありません。接続中はボンベの接続部分が梃子の原理で歪まないようにちょっと気を使います。ゴトクが畳めないのでそれほど小さくはなりません。脚も畳めず、かつ小さいので大きなクッカーを載せると不安定になります。一度、ひっくり返してパニクリました。
その後、イグナイターが壊れ(押してもポニョーとへっこむだけで、指を離しても元の位置に戻らず、もちろん、火花も飛びません)、
結局真っ赤に焼けることとは別の次元で無駄な装置と成り果てました。まあ、チャッカマン君があれば済むことですので減点の対象にはしませんがね。

シンプルな造りで壊れにくそうで良い。
なんといっても安価で、いざとなればコンビニでも買える
ガスカートリッジ仕様。気軽に使えるね。
寒冷地であったり高山でなければ火力に問題は生じない。
行き先にコンビニや、キャンプ場の売店があればガス缶は現地調達さえ可能。

難点は、水平でまっ平らなものの上にしか設置できないこと。
結局野外での使用は設備のいいキャンプ場などに限られてしまい、
意外と使い勝手が悪かったりもする。
今は自宅で晩酌のつまみをあっためるために活躍中。
写真または画像 写真または画像 写真または画像

イワタニ産業 イワタニカセットフーJrAL

カセットガス式 使い勝手重視タイプ

●商品サイズ:幅247*奥行205*高さ90(mm)
●商品重量:約850g
●本体材質:アルミニウム
●トッププレート材質:SPCC+電着塗装
●五徳材質:耐熱アルミニウム
●バーナーキャップ材質:真ちゅう
●器具栓ツマミ:ABS樹脂(抗菌仕様)
●最大発熱量:2.1kW/h(1800kcal/h相当)
●ガス消費量:150g/h
●連続燃焼時間:イワタニカセットガスジュニア/約55分、イワタニカセットガス/約105分
*温度25度のとき、強火連続燃焼の実測値
●ガス缶着脱方式:マグネット方式
●カラー:ブロンズアルミ

【お薦めポイント】
「イワタニ カセットフー ジュニア CB-JRC-AL」は、場所を取らないコンパクトなカセットコンロです。錆びにくく高級感あふれるブロンズアルミボディ。小家族の冬の味方として、大家族の2台目としてもどうぞ。

【商品レビュー】
キャンプ、車内用品として購入しました。
車内で使用するためペットボトルケース兼用のコンロ台に乗せて(囲んで)使用します。
火気なので注意が必要ですが、車内就寝用の湯たんぽなどのお湯沸しに使います。
兎に角、小型軽量、デザインもグット。

狭いテーブルの上で鍋物をするときは重宝です。コンロが小さめなので小さい鍋でもキチンと五徳にのってくれます。3人用ぐらいの土鍋ならかえって普通の大きさのカセットコンロより安定するようです。ガスボンベが磁石で接続する方式と言うことでガス漏れが不安でしたが、しっかり固定されているようで、その問題はありません。火力も十分ですし良いお買い物だったと思います。

コンパクトさがうりな製品ですが、この大きさ・重さでは自転車で持ち運びするには不適。
ファミリーキャンプ向けの製品だと考えた方が無難。
写真または画像

Coleman(コールマン) 遠赤ヒーターアタッチメント

遠赤ヒーターアタッチメント

定価 2100円(税込)

【お薦めポイント】
ヒーター使用時も、上で煮炊き、炉端焼きができ、遠赤外線の効果で食材の中まで熱が通り、よりおいしく仕上がる。家庭用ストーブにも使われている特殊鋼材NCA-1の使用により、遠赤外線を発生し効率よく暖がとれる。

【個人的コメント】
コールマン以外のバーナーでも、それなりに使えます。
現在Novaで使用していますが、強火にすればほぼ全体が赤熱します。
snow peakのWGストーブは火が真上に集中するため、今ひとつでした。
真上以外にもそこそこ熱を放射してくれますが、反射式の石油ストーブを想像すると
肩すかしを食らいます。

暖かさは大体昔ながらの電気ストーブで300か400Wと同じぐらいです。
屋外なら直近にいられる2、3人が限度ですが、そもそもこれに頼らない程度の防寒をした方がいいでしょう。
テント内など風が無ければかなりの暖かさです。
赤ガスで使ってますが、使用後にプレヒート時とは違う煤というか金属カス?が大量に出ますが何なんでしょう?
あと最初の火入れは指紋や油分は十分に拭き取った方がいいです。
写真または画像 写真または画像 写真または画像

エスビット ポケットストーブ/スタンダード

携帯性重視のセカンドバーナー

定価 1155円(税込)

【サイズ】10cm×7.7cm×2.3cm
【重量】85g(固形燃料を除く)

【お薦めポイント】
折り畳む事が出来るコンロなのでポケットに簡単にしまえます。キャンプ、登山、災害時のサバイバル用品として最適です。固形燃料スタンダード付き。

【商品レビュー】
ドイツ軍の使用している固形燃料と折りたたみ式コンロの組み合わせです。
火力ははっきり言って弱いです。
あくまでもサブのお湯沸かしストーブとして使用するのがいいです。
火力を過大評価するととんでもないことになります

火力は弱いし片付けも手間が掛かるし、自転車ツーリングで持参するメリットはない。シングルバーナーの方がよっぽど重宝する。
写真または画像 写真または画像 写真または画像

ユニフレーム(UNIFLAME) ウィンドスクリーン

調理中の風対策用

サイズ:S/120×80×4mm(収納時)、L/155×90×4mm(収納時)、ワイド/155×90×7mm(収納時)
重量:S/80g、L/120g、ワイド/175g
材質:ステンレス鋼(ハード)

【お薦めポイント】
◆コンパクトバーナーの炎を風から守る『ウィンドスクリーン』シリーズ。 ハードステンレスを採用した薄板軽量設計としています。◆『ワイド』は5枚パネルの屏風式ワイドサイズになります。

【商品レビュー】
Lサイズを買いましたがLでも背が低いのでガスストーブとかの風防としては効果薄いです。
背が低いストーブなら使えるかもしれません。
アルコールストーブなら高さが合います。
アルコールストーブユーザーは持っていってもいいかと思います。
価格も、家にアルミやステン板の端切れがたくさん余ってるとかでなければ自作する材料代と大差ないと思います。
写真または画像

UNIFLAME(ユニフレーム) ミニロースター

ミニロースター

サイズ:直径150×15mm(収納時)
材質:下網/特殊耐熱鋼FCHw2、上網/鉄・クロームメッキ
重量:110g
【注意】こんろで輻射熱が大きい調理器具を使用しない。大きい鉄板、魚焼き器、セラミック付き製品等の調理器具は輻射熱が大きく、ガスカートリッジが過熱し爆発等の恐れがあります。

【お薦めポイント】
小型クッカーと一緒に収納できる丸型でコンパクトなミニロースター。焼き網を使わず、鍋のコゲ付きを抑えるバーナーパットとしても使用可能です。

【商品レビュー】
EPIやプリムス等のシングルバーナーにちょうどよいサイズで、ソロ〜少人数キャンプにうってつけです。これまでパンや餅を焼く時にフライパンを使っていましたが、どうしてもフライパンの真ん中に当るところが黒焦げしてしまいました。このロースターなら熱が比較的均等に回るようで、ずっとうまく焼けます。またシェルパ斉藤氏はプリムスのフォールデイングトースターを奨めていますが、バックパッキングならこのミニロースターの方がコッフェルのサイズにも合っているため、収納に便利だと思います。
 欠点は輻射熱が大きいために火力があまり大きくできないこと(ガスカートリッジはかなり熱くなります)と、購入状態では上の網がわずかながら凸状に盛り上がっているため、ソーセージ等を焼く場合は転がって落ちてしまうことです(私は何本も落してしまいました)。初めて使う前に金ヅチ等で軽くたたいて平らにしておいた方がよいでしょう。
写真または画像

UNIFLAME(ユニフレーム) fanマルチロースター

マルチロースター

【お薦めポイント】
トーストも餅も2ウエイのセッティングで手軽に焼けるマルチロースター。特殊耐熱鋼のメッシュが赤外線のバーナーとなって中までふっくらと焼き上げます。

【商品レビュー】
ミニロースターを買いに行ったら、脇に置いてあるマルチロースターが目に留まりました。差額は300円。バゲットを炙るのですがミニは思ったより小さく、円形なので無駄が生じる上にはみ出してしまう可能性もある・・・といつもながらの後付の理由で又しても大きい方を買ってしまいました。食パンの二枚焼きはやりませんので網を水平に伸ばして使いますが、焦げるようなことはありません。チタン製ではないので重量はあります。メッシュ部分をバーナー・パッドとして使いたい向きにはミニをお薦めします。コフランのもそうですが、食パンの両面を同時に焼けないのが難点でしょうか(それを求めるのは無理とは言え)。季節がら(今は6月)まだ試していませんが、お餅もきちんと並べて焼くことができるようです。
写真または画像 写真または画像

LOGOS(ロゴス) LOGOS着火バーナー

着火バーナー

定価 2625円(税込)

【お薦めポイント】
ロゴスのオリジナルバーナー。簡単に扱えるイージー着火。ガスボンベ付。

【商品レビュー】
着火用のバーナーは何を選んでもそんなに当たり外れは無い。
どんな着火バーナーでも手に持って使うものだけに、傾けると火炎放射器になる(生ガスがでる)ので注意が必要。
炭起こし用として買うなら、着火バーナーの首(?)の部分が長くなった草焼き(SOTO GT-50E)の方が安全・・・自転車向きじゃないけど。
写真または画像

SOTO(ソト) ポケトーチ

トーチ

用途 / ハンダ付、線香の点火、ロープの切断 点火方式 / 電子着火方式
特長 / ボディーは小さくても炎は強力1300℃。燃料は使い捨てライター
付属品 / ポケトーチ用ライター付 質量(g) / 50(ライター含まない)
外形寸法(奥行D×幅W×高さH)(mm) / 60×23×110 火炎温度(℃) / 1300


【お薦めポイント】
炎温度約400℃の使い捨てライターが1300℃の強力バーナーに。●ライターとして使うより使用時間が約60%アップします。●抜群の耐風性能です。

【商品レビュー】
使い捨てライターが使用できるという点でエコ
しかし、子供の誤使用防止のため、使い捨てライターの仕様が変わるのでどうなっちゃうのでしょうか?
写真または画像

MSR ウィスパーライトインターナショナルストーブ

ガソリン式 コンパクトタイプ

定価 12,075円(税込)

【お薦めポイント】
●燃料:ホワイトガソリン・灯油・自動車用無鉛ガソリンが利用可能●太めの燃料管で低品質の燃料にも対応●灯油の気化と点火を助ける、グラスファイバー製灯芯装備●折りたたむとクッカーに収まるコンパクトサイズ●沸騰時間:3.75分(水温21℃の水1リットルを沸騰させる時間)●本体+ポンプの重量:330g●総重量:460g●各ストーブの燃料ボトルは別売りです

【商品レビュー】
現地のスタンドでMSRの赤い燃料ボトルに給油することで燃料の入手が可能。
スタンドがガソリンを売ってくれない時は灯油でも大丈夫。
ただし、灯油の方がプレヒートに時間が掛かり、かつ煤が多いのでノズルが詰まりやすい。
しかし、バーナーヘッドを振ると掃除針がノズル内で上下してノズルの詰まりを掃除する機構(MSR ではシェーカージェットShaker Jetと呼んでいる)を備えているため、簡単にノズルの掃除ができるため、非常に楽。
※ この機能(MSRのパテント)がないと、ノズルを専用工具で外して掃除する必要があり、すごく面倒くさい。
ガソリンストーブはガスと違って寒いところでも火力が落ちないので、冬のツーリングに重宝する。
プレヒート時に火の付いた燃料が回りに飛び散ることがあるので、テントの中使うと大変危険。
写真または画像 写真または画像

OPTIMUS(オプティマス) ウインドフォイル

調理中の風対策用

定価 2,100円(税込)

縦:約15cm、横:約79cm
素材 : アルミ

【お薦めポイント】
すべてのオプティマスストーブにお使いいただける軽量アルミ製風防です。折りたたんでも丸めても収納可能です。燃焼効率をアップさせるためにぜひお使いください。

【商品レビュー】
アルミ素材であるため、写真のように自由に曲げることができる。
写真または画像 写真または画像