自転車の装備紹介(クッカー)

UNIFLAME(ユニフレーム) トレイルスクエアコッヘル3

長距離ツーリング向け お薦めNo1

サイズ(収納時):140×140×85mm
材質:本体/アルミニウム・アルマイト加工、フライパン/アルミニウム・フッ素加工、ハンドル/ステンレス鋼
重量/480g
【セット内容】鍋13:130×77mm・1.0L(2合炊)、鍋11:110×65mm・0.6L(1合炊)、フライパン:130×35mm
付属品:収納ケース(ナイロン)

【お薦めポイント】
◆軽量・熱伝導性に優れ、パッキングしやすいアルミ『スクエアコッヘル』。 ◆ハンドルは熱くなりにくいステンレスを使用し、耐久性を兼ね合わせたスクエアシリーズ。

【商品レビュー】
コレで角型のコッヘルは2個目です。
1個目は蓋が無いヤツでしたので・・・
どうしても蓋付きのコッヘルが欲しかったので購入しました。
炊飯も何とかできますね。
ただ目盛が一切付いてないので目分量になりがちですが・・・
鍋が2つにフライパンが一つ・・・
大体の調理が出来るこの組み合わせは・・・
個人的には理想的な組み合わせと思っています。

ソロキャンプ用に購入。
初めてのコッヘルで色々悩みましたが、この商品に決めました。
その理由は、
・四角い
・ラーメンを割らずにそのまま入る
・お湯などを注ぎやすい
からです。
実際キャンプで使った事はまだないですが、自宅で試しに使ってみた所、ラーメン割らずに入りました!
それに、深さもちょうどよいですし、ご飯も炊けますし!
早くキャンプ時に使いたいです。
写真または画像

スノーピーク パーソナルクッカーNo3

距離ツーリング向け お薦めNo2

サイズ:137ビリーポット/Φ137×75mm150プレート/Φ150×18mm150フライパン/Φ150×32mm132プレート/Φ132×18mm122ビリーポット/Φ122×70mm120ディッシュ/Φ120×30mm収納サイズ/Φ150×80mm重量:700g

定価 2730円(税込)

【お薦めポイント】
チタンパーソナルクッカーとアルミパーソナルクッカーはクッカーL(1000mL)とS(780mL)とフタ兼フライパンがLとSの4ピースで構成されています。クッカーSには250ガスカートリッジが1本収納できます。純チタン食器は大小ボウルと皿のチタン製のテーブルウェアセットです。■セット内容⇒(137ビリーポット/直径137×75mm・ステンレス0.4mm)(150プレート/直径150×18mm・ステンレス0.3mm)(150フライパン/直径150×32mm・ステンレス0.4mm)(132プレート/直径132×18mm・ステンレス0.3mm)(122ビリーポット/122×70mm・ステンレス0.4mm)(120ディッシュ/直径120×30mm・ステンレス0.3mm)(フォールディングレードル・ターナー/ステンレス)(ケース/ナイロン) ■重量⇒700g

【商品レビュー】
これだけの調理器具がセットになっていながら、非常にコンパクトかつ軽量なので、非常用袋にも軽々入ってしまうのはかなりいい感じです。

初心者用としては一通りそろっているため十分だと思います。
ただし、あくまで入門辺でしかないため、若干不自由なところがあります(もう少し大きければ・・・逆に小さければ・・・などなど)
予備として持っておくにはいいかもしれません。
写真または画像

ベルモント(Belmont) ステン 食器3点セット(ケース付)

長距離ツーリング向け お薦めNo3

●本体大サイズ:直径140×深さ60mm●大サイズ容量:750ml●本体小サイズ:直径130×深さ55mm●小サイズ容量:600ml●フタサイズ:直径145×深さ28mm●重量:370g●材質:オール18-8ステンレス●ケース材質:ナイロン●ツマミ材質:天然木

【お薦めポイント】
ステン食器3点セットナイロンケース付●軽量設計で携帯が楽

【商品レビュー】
あくまでも「食器」なのでこの構成で十分といえるが、クッカー・コッヘルと同列に見ると見劣りする。
この値段であればフライパンも付けて欲しい。
写真または画像 写真または画像

EPI(イーピーアイ) EPIアルミ3点食器セット

自炊はたまにしかしない人向け

定価 1050円(税込)

●サイズ=(本体大)118×65mm(本体小)107×55mm(フタ)127×21mm●材質=本体 アルミニウム(アルマイト加工済み)/取手 ステンレス●容量=(本体大)640ml(本体小)490ml(フタ)128ml●重量=(本体大)74g(本体小)64g(フタ)28g

【お薦めポイント】
食器として、クッカーやマグカップとして、トレッキングにキャンプに幅広く使える3点食器セットです。また、3点食器セットには、REVO−3500、BPS−Vチタンストーブ、STRAストーブ、CSSA−Uストーブ、CSSストーブのいずれか1個が収納できます。また、そのまま火にかけてご使用できます。

【商品レビュー】
その他のクッカーの運搬をを他人に任せられるツアーなら、一人用として無駄にデカくないのが良いです。
特筆すべき点・・・小さい割りに深さがあり、スノーピークのチタンシングルマグの220mlサイズのものがぴったり収納できます。
このタイプの食器で深さのあるものは意外と少ないんです。
大きいほうのカップは大きめのお茶碗程度。主食を盛るのに最適。
小さいほうのカップはスープや飲み物などを入れるのに最適な大きさ。
ふたは皿として使え、食事にどれ一つ無駄になりません。
この食器にマグを入れて、フォールディングタイプのカトラリーを入れれば、最小構成の出来上がり!
写真または画像

EPI(イーピーアイ) アドベンチャークッカーセット

チタン(軽量化)タイプ No1

定価 5880円(税込)

【お薦めポイント】
初心者向けのチタンクッカーセット。価格も手頃です。特徴1:ハンドルに角度をつけることにより、手の握りにフィットする設計。特徴2:器代わりにもなる深型フタ。コーヒーやスープのお湯を沸かすこともできます。特徴3:メモリを100cc単位で刻印したため、水量を測るのに便利になりました。

【商品レビュー】
チタンなので軽量化されたぶん価格が高い。
チタンにこだわりたい人を除いて、価格の安いステンレスやアルミのもので十分だと思う。
写真または画像

スノーピーク チタンパーソナルクッカーセット

チタン(軽量化)タイプ No2

セット内容:クッカーL(サイズ:直径150×72mm、容量:1,000ml)、クッカーS(サイズ:直径128×69mm、容量:780ml)、フタL(サイズ:直径155×32mm、容量:500ml)、フタS(サイズ:直径137×30mm、容量:350ml)
収納サイズ:直径155×100mm
重量:330g
材質:チタニウム
付属品:メッシュケース

【お薦めポイント】
◆優れたシステムデザインが生む、究極のスタッキングシステム。 ◆全てを1人でこなさなければいけないソロシーンにおいて、休息の場でありエネルギー補給の場でもある食事は貴重です。抜群の収納性を誇る、強靭スペックのチタン製のフライパンと浅型クッカーを2つ備えています。

【商品レビュー】
チタンなので軽量で、中にガス缶も収納出来、重宝しています!
シングルバーナーで使うと熱伝導の低いチタンは、中心だけ色が変わってきます。
均等に熱を伝えたい時はPRIMUSU(プリムス) フォールディングトースターIP-9222Fや、ユニフレームの熱伝導シートを使いますが、
変色した部分も虹色で綺麗ですよ!
写真または画像

ロゴス(LOGOS) ロゴス丸型飯盒(5合)

飯盒 No1

定価 1638円(税込)

サイズ:本体/18×17×179cm
素材:アルミアルマイト加工
5合炊き

【お薦めポイント】
使いやすい丸型、鍋としても使えます

【商品レビュー】
今だにファミリーキャンプではシングルバーナーと35年近く前の飯ごうを使って飯を炊いている。
使っている飯ごうは丸型じゃなくて兵式という形。
飯ごうに米と水を入れて内蓋と外蓋をしてから上下に振ると簡単に米を研ぐことができる。
飯ごうで飯を炊くときは、吹き零れた湯?がバーナーに掛からないように注意が必要
大きくてかさばるので、基本的にファミリーキャンプ向け。
写真または画像

トランギア ラージメスティン

飯盒 No2

定価 1900円(税込)

【お薦めポイント】
パッキングに便利な弁当型のアルミ製の飯ごうです。その熱伝導率の高さから熱が全体に回りアルコールバーナーでもご飯が大変美味しく炊けます。小物入れにも便利です。取手つき。

【商品レビュー】
オフロードツーリング時に使ってます。
ノーマルメスティンがすっぽり入り、ふたも出来ます。
小メスでご飯を炊いて、デカメスで水炊き!
メスティン&エスビットは名コンビ。
とっても満足しています。 
バリ取りは、メスティン使用前の恒例儀式だと思ってます。
写真または画像

UNIFLAME(ユニフレーム) コーヒーバネット小

コーヒーバネット

【お薦めポイント】
アウトドアでドリップコーヒーという少し贅沢な楽しみを、1本のステンレスワイヤーで広げたコーヒーバネット。独自の形状とガスがたまりにくい旨さの構造で、アウトドアだけでなく家庭でも美味しいコーヒーが味わえる。
ケトル&サーバーなどで4人分のコーヒーが入れられる。

【商品レビュー】
材質は、艶消しのステンレスで、見た目も美しい仕上がりであり折りたためるので、インドアで使っても収納に便利です。
「コーヒーバネット(小)」と比べると、針金の太さが倍程度異なるためとても存在感があります。
フィルタは、純正品やコーノ円錐フィルタを使用するのがベストでしょうが、入手経路や価格の問題により、私は普通のフィルタの底辺中央を直角三角形の90度の角に対応する様に折り込んで使用しています。
ただし、その分容量が減る事に注意しなければなりません。
具体的には
コーヒーバネット(小)+102フィルタ折り曲げ=101の抽出量強
コーヒーバネット大 +103フィルタ折り曲げ=102の抽出量強
のイメージです。
肝心のコーヒーの味は、通常のドリッパーと比べて確かに異り、私の主観では、やや苦味が優勢になる傾向があると思います。
好みの味にするには、それなりに抽出メッソッドを研究する必要があるかもしれません。
この製品の特性として、ドリップ時にドリッパーの下の様子が見やすいので特に「コーヒーバネット(小)」の方は、カップに直の1杯立に向いていると思います。
尚、「コーヒーバネット(小)」は2脚,3脚の2製品がある様なのでこだわる方は注意なさってください。
写真または画像

スノーピーク 3徳スプーンセット(箸付)

3徳スプーンセット

【お薦めポイント】
材質にステンレスを使用した3徳スプーンセット。ハシにはスチロール樹脂を使用している。

【商品レビュー】
私は2〜3度お試しで使ってみた後、キャンプ用品と一緒に保管しています。
第一印象は薄くやわで、非常に安っぽく感じました。
しかし使ってみるとそんなことはなく、やわそうに見える作りも
限界ぎりぎりまで無駄をそぎ落とした結果とわかります。
ただ他の方も書かれていますが、ナイフの切れは冴えないですし、
栓抜きの機能は曲がってしまうのが怖くて使っていません。

 # 正確には「怖くて使えません」でしょうか…厚みはあまりないですからね。

また、付属のフォルダー(チャチなビニール製で、あくまでオマケ)に
シールがついていたのですが、剥がすと粘着痕がベットリと残ってしまいました。
おかげできれいにするのに非常に苦労させられました。
そのまま入れてしまっておこうと考えていたので、残念な点ではあります。
このあたりはシールを剥がし易いものにするなど改善が必要と思います。
あと、この商品はスプーンの突起部分にナイフとフォークにあけられた穴を
はめ込む仕組みになっています。
私の手元に届いたものはフォークの先端部分とナイフの刃が干渉して
ナイフの刃寄りの穴を留めることができませんでした。
その状態でも抜けることはないので使用に問題はないのですが、
なんだかちょっと損をした気分です。
写真または画像

NORTH MAN チタニウム 4徳スプーン&フォーク(引割)

4徳スプーン&フォーク(引割)

定価 4200円(税込)

●長さ93mm(収納時) ●鋼材:440ステンレススチール●4徳●スプーン●フォーク●ナイフブレード●ボトル・カンオープナー●日本製(MADE IN JAPAN)●ナイフ、刃物類は未成年の方へは販売いたしておりません。刃渡り5.5cm以上の刃物を正当な理由なく携帯することは法律によって禁止されています。ご購入は成人であり、例えばフィッシング、キャンプ、登山等正当な理由・目的を有した方のみとさせて頂きます。

【お薦めポイント】
●野外でのキャンピング時に重宝する多徳ナイフ。スイスアーミナイフに無い、スプーン&フォークが付いています。●機能性優先のシンプルな構造です。●本体が簡単に別れるので、食事の時に大変便利です。

【商品レビュー】
10年以上前に購入して、未だにツーリングやキャンプで使用しています。丈夫だし下手なツールナイフより全然役に立ちます。(持ち運びも、ケースは使わずコッヘルに入れっぱなしです。)
かなり便利に使えます。
写真または画像