フローリングのワックスがけの方法

写真または画像
フローリングにワックスをかける方法です。
使っているワックスはホームセンターで販売している水性の樹脂ワックスです。
耐久性は6ヶ月と書かれており、我が家では春と秋に台所とリビングのワックスをかけています。

1 2 3 4 5
写真または画像 写真または画像 写真または画像 写真または画像 写真または画像
下準備で一番大切なことは、ワックスをかける前に床をキレイに掃除することです。
いつもより入念に掃除機を使って床をキレイにします。
掃除機でキレイにならない汚れを固く絞った雑巾で拭き掃除します。
できれば床を全面ふき掃除したいのですが、ダイワハウスのメンテナンスに聞いたところ、水のついた雑巾で拭くと床が白くなって光沢が無くなるので、止めた方が良いとのこと。そのため特に汚れの汚いところだけ雑巾で拭き掃除しています。
使用するワックスとモップです。
耐久性は大したことないですが、その分失敗してムラが出ても「もう一回塗ればいいや」ってことで気軽に考えてやっています。
もし高耐久性のワックスを使うのであれば、失敗したときのリカバリが難しいので専門業者に頼んだ方が良いかも。
モップの柄は4分割してあるので組み立てて使用します。
また、ワックスを染み込ませるモップは洗って何度でも使用できる「オールワックスモップ」という製品を使っています。
6 7 8 9 10
写真または画像 写真または画像 写真または画像 写真または画像 写真または画像
オールワックスモップを取り付けるとこのようになります。
モップを組み立てるとこのようになります。
ワックスをかける前にカーテンがワックスで汚れないように床から上げて結びます。
全てのカーテンで同様にします。
ワックスをかけ終わった直後に乾いてないところを歩くことはできないので、ワックスをかけた部屋から出られるように予め履物を準備します。
11 12 13 14 15
写真または画像 写真または画像 写真または画像
ワックスをかける前に再度軽く掃除機をかけます。
ワックスのトレーにワックスを注ぎます。
※ 勢い良く注ぐとワックスが跳ねて床を汚すので注意します。
ワックスをモップに染み込ませます。
部屋から脱出する経路を考えてワックスをかけていきます。
ワックスは往復するときに塗り残しが無いように少し重なるように塗ります。
ワックスは1度かけて乾いた後にもう一度ワックスをかけています。
16 17 18
写真または画像 写真または画像 写真または画像
塗り終わった後の光沢の状態です。 もう少しアップで床を撮りました。 もう一枚。
学校から帰宅した娘にワックスかけた?って聞かれました。そりゃ分かるよね。