超手抜き、18cmのパイ皿でマドレーヌ

by 管理者
2月 09日 2013 年

マドレーヌ型が無いため、18cmのパイ皿を使ったマドレーヌですが、2回目のチャレンジです。

切り分けたマドレーヌ

 

 

前回くっつき防止のためにパイ皿の枠の部分に油を塗って薄力粉を振ってから焼きましたが、焼き縮みしていたので、このまま焼いても大丈夫だろうと判断。

そこで今回は油も薄力粉を振らないで焼いたところ、下の写真のようにパイ皿にくっ付くこともなく問題なし。

本当に材料を混ぜて焼いただけの超簡単、手抜きのマドレーヌです。

焼き付き防止の粉振り必要なし

 

 

型から外してナイフで8等分に切り分けました。

8等分したマドレーヌ

 

 

唯一の問題は、底の外れるパイ皿を使ったため、焼いているときに生地が緩んで少し漏れてしまうことだけ。

しかし漏れた部分はバリバリ剥がして・・・ほんの少しだけど、食っちゃいました。

 

焼き上がったマドレーヌは、バターの甘い香りに誘われて来た娘の口の中に・・・

しかし、絶対に「美味しい」とか、「ありがとう」とか言ってくれないんだよな、育て方を間違えたかな。

残りはタッパーに入れて保存です。

 

 

作り方

ベースのオリジナルレシピはこちらですが、18cmのパイ皿を使うため材料や作り方を若干変えています。

材 料
①薄力粉     100g
①砂糖       100g
①BP         小1/2
①塩         ひとつまみ
②卵         2ヶ
②バニラオイル 少々
③無塩バター 100g

 

材料は基本的にオリジナルレシピの半量ですが、BPは初めて作ったときに膨らみが悪かったのでオリジナルのまま「小さじ1/2」です。

どこの家庭にもある普通の砂糖を使っているため、①の粉類をまとめてフルイにかけていますが、砂糖の塊がフルイに残るのでスプーンで押さえて潰せばOK。

材料をパイ皿に流し入れてから180度のオーブンで19分焼いています。

焼き上がったマドレーヌ

この記事へのトラックバックURL