(BBCより)小惑星アポシス:大きな宇宙の岩が地球を通過する。2036年の地球への衝突の可能性は?

by 管理者
1月 12日 2013 年

BBCに小惑星衝突に関する気になる記事があったので、和訳しました。

とはいえ、読み返すと衝突する確率は相当小さいので心配いらないと思いますが、文中に出てくる「キーホール」というキーワードが気になります。

特に説明されていなかったため何の事だかわかりませんでしたが、ここを通過数と2036年に衝突するとか!?

 

地球に小惑星が衝突

http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-20961003

 

幅300mの小惑星が地球の近くを通過する。

 

アポシス-破壊と暗黒のエジプトの邪悪な者の名をとって名づけられた。-科学者に注意リストにされた.

2036年にとても小さな確率で私たちの惑星に衝突する可能性があることが計算された。

しかし、現在1,400万kmの安全な距離(天文学者にとって非常に近い距離であり)を飛んでいるが、宇宙岩を調査して将来の危険性を精査する。

アポフィスは裸眼では見えないが、スペースファンはSlooh天文サービスのカメラを通してオンラインで見ることができる。

 

Asteroid Apophis Animation – 1/9/2013

 

Slooh’s coverage of Asteroid Toutatis on NBC Nightly News with Brian

 

 

衝突コース?

大きな岩の塊は2004年に最初に発見された。そのとき科学者は2029年に1/45の確率で衝突することを計算して警戒を引上げた。

最近の改訂では、約3万kmの近い距離を通過する2029年の4月13日の代わりにこの脅威は取り下げられた。

 

しかし、天文学者はいまだに2036年に1/20万の確率で衝突するという。

アラン・フィッツシモンズ教授は2029年に地球のすぐ近くを通過するため、地球の重力が小惑星の軌道を変えるという。

潜在的なほとんどの軌道は次の100年間安全です。

しかし、そこには小さな空間があって、--我々がキーホールと呼ぶ何か--そして、もしそれが2029年にキーホールを通過すると、それは戻ってきて2036年4月13日に私たちに衝突する。

もし、これが起こると、それはもっとも大きな原爆100個分のエネルギーで地球に衝突する。

 

将来の危険

天文学者は小惑星を研究する機会として現在は接近遭遇を使用している。そこで彼らは将来の軌道の計算を改良できた。

アラン・フィッツシモンズ教授は「小惑星が地球に相対的に接近する間、天文学者はレーダーでピンを打つこと(ピンを打って距離を測ること)ができる。

レーダー測距は大変正確になってきた。

私たちは非常に正確に距離を計測することができる。

そして私たちはそれ(小惑星と地球)の相対速度も計測することができる。

そしてこれらの2つは大変正確に軌道上の場所を示す。」といった

研究員は潜在的に危険な小惑星に興味を持つようになる。

今のところ、地球の近くに9,000以上の小惑星が数えられ、毎年800もの新しい宇宙の岩が見つかる。

アラン・フィッツシモンズ教授はもっとそれらについて学ぶことは不可欠であるといった。

「いくつかの場所では我々が衝突させたときに地表レベルでダメージの原因となる十分に大きな岩を探している」と説明した。

「そこで我々はこれらの物体を発見し、我々はそれを追跡すべきだ。それがどこに行くのか計算している-もし、私たちに衝突する可能性があるのであれば、それについて何かします。」

この記事へのトラックバックURL