NASA発表のCNNニュースより、2040年に予想される小惑星と地球との衝突は回避された模様

by 管理者
12月 22日 2012 年

CNNニュース(CNN.com 英語版)を見ると、2040年に予想される小惑星と地球との衝突は回避されたとのニュースが目に入りました。

2040年2月に衝突する可能性は1%未満、NASAのジェット推進研究所が分析して発表したとのことです。

Asteroid to miss Earth

 

今年の3月に発表されたニュースで地球に小惑星が衝突して人類が滅亡するとか騒がれていましたが、本当にやれやれって感じですね。

ハワイのマウアケア山にあるジェミニ天文台の8mの望遠鏡により60以上の要因からなる軌道の不確実性を少なくした観測方法で、地球が2040年2月に小惑星の軌道の範囲の中に存在しないことが判明したとのこと。

NASAによると、直径140mの小惑星は地球に890,000Kmより近づかない、もしくは月と地球の2倍以上の距離がある。

ジェミニ天文台によると、小惑星が地球に衝突すると100メガトンのエネルギーが放出され、原爆の数千倍に相当し、第二次世界大戦の終わりになるとのこと。

 

以下、略

 

ソースは以下です。

日本語訳に間違いがあるかもしれないので、詳細は以下を参照してください。

http://edition.cnn.com/2012/12/21/us/space-asteroid-threat/index.html?hpt=hp_c1

 

この記事へのトラックバックURL