国民性の違い!?結構面白い海外のスーパーマーケット(ウォルマート)の広告

by 管理者
11月 27日 2012 年

米国の巨大スーパーマーケットであるwalmart(ウォルマート)の広告を見ていると、日本で販売しているものと仕様が違ったり、もしくは国内に無いものが売っていたりして結構楽しめます。

中でも不思議に思ったのがSLOW COOKER(スロークッカー)

スロークッカー

 

スロークッカーについて調べたところ、材料をこの中に放り込んでスイッチを入れると4時間~8時間後に料理が出来上がるという物らしいのですが、これで作れるレシピは普通の鍋でも作れるので、時間をかけてスロークッカーを使うメリットが良く分かりませんでした。

そこで、いろいろなサイトでスロークッカーの特徴を調べると、どこでも「手間がかからない」って書いてあり、低温で調理するので火加減の調整や掻き混ぜる手間がいらないらしい。

そのため朝スイッチを入れっぱなしにして夜帰宅すると料理が出来ていることがメリットみたいでした。

 

しかし炊飯器のようにスイッチを入れて外出する調理器具を使っていても、スロークッカーでやるのはちょっと心配で気が向かないですね。

理由は、パナソニックや象印とか有名メーカーなら問題ないですが、聞いた事の無いメーカーの安い調理器具でなので火事にならないか?保安面は大丈夫か?これだけなんですけど。

 

米国ではずいぶん前から販売されているメジャーな製品らしく、同様の製品を日本ではコイズミとかツインバード工業が販売していても、それほど売れているように見えません。

圧力鍋と対極をなす商品なので、スロークッカーで時間を掛けて作るくらいなら圧力鍋でチャッチャと作る方が良いと思う人が多いからでしょうか?

時間をかけて作る料理はせっかちな日本人の国民性に合っていない気がしますが、米国では$10~(日本では3500円~)販売されている安価な料理器具なので、気になる方は購入してみてはいかがでしょうか?

この記事へのトラックバックURL