アメリカのアマゾンでの買い物の仕方は?

by 管理者
2月 10日 2011 年

昨日ロジクール(Logicool)からキーボード K800の故障判定メールが届いた。
今日K800の充電状態を確認したら満充電の状態になっており、1回しか充電してないのに残量少になってみたり、満充電になってみたりやっぱり挙動がおかしい。
しばらくしたら、新品のK800がロジクールストアから送られてくるので、代わりに故障品を送り返すことになる。

ところで、SONY リアプロジェクションテレビ KDS-60A2500とKDS-50A2500の交換ランプ XL5200のランプだけをアメリカのアマゾンで買い物する方法をホームページに掲載した。
掲載先はここ。

http://lifestyle.trend-ai.com/patio/av-theater-xl5200.html

買い物カゴに入れて、アカウントの登録、配送先の登録、決済、注文完了の一連の流れを分かるようにしたので、ランプ以外のものを買う場合でも米国アマゾンで買い物するときの参考になると思う。

話は変わるが、個人輸入つながりということで、日本では代理店が暴利をむさぼっていて、アメリカでは日本の半額程度で買えるものが結構あったりする。
例えば、自動でお掃除してくれるアイロボットのルンバとか。

日本ではルンバの消耗品もバカ高いらしい。
キャノンにしろエプソンにしろプリンタ本体を安くする代わりに消耗品を高くして儲ける商法を行なっているが、ルンバは本体も消耗品も日本で買うとバカ高いので、このような仕組みを考えると余計に国内で買いたくないと思ってしまう。

並行輸入ものは修理が困るから日本で買った方が・・・っていう考えもあるが、個人輸入すれば価格が極端に安いので2台買うなんてことも有りだし、ようは考え方次第。
トラブルは怖いが、買い物も世界に目を向けるといろいろ楽しい・・・!?

※ アメリカのアマゾンでは、ルンバを日本国内に発送してくれないので、個人輸入されている方はスピアネットのような転送サービスを利用しているようです。

この記事へのトラックバックURL