良いのかgoogle、重複コンテンツだらけの検索結果

by 管理者
9月 16日 2012 年

最近、googleで検索すると、2chのまとめサイトばかりが延々とヒットする。

自分が探している答えがその中にあれば良いのだが、ほとんどのサイトが2chのコピーサイトなので、目新しい情報なんて何も無い。

 

中でもニュース関係は特に酷い。

 

9月15日のNHKのニュースで「ヤフー、メール内容解析で広告表示導入へ」という記事があったので、その影響を調べるためにgoogleで「yahoo メール内容解析 広告」で検索すると、2chのまとめサイトやその元記事になった新聞社のニュース、そのニュースをコピーしただけの内容の無い検索結果の中にところどころ個人の見解を述べているブログが出てくる程度だ。

そして、その中に求める答えがあれば良いのだが、無ければ延々と探すことに・・・

 

 

それだけ2chのまとめサイトが氾濫しているってことなんだけど、うざいことこの上ない。

確かに2chはスレッド落ちすると見れなくなるから、スレッド落ちした過去ログを見ることができる点で2chのコピーサイトはありがたいと思う。

しかし、ここまで氾濫すると正直鬱陶しい。

googleが今年の7月18日に導入したパンダアップデートは、このような重複コンテンツを表示しない、または検索順位を下げる検索エンジン対策のはずなんだけど、どうなっているのだろうか。

 

 

※ 本当は怖いYahooメールの内容解析による広告表示

何故イライナしながらこんな事を書いているかっていうと、「yahoo メール内容解析 広告」で検索しても2chのコピーサイトやその元記事のサイトに邪魔されて有益な情報がなかなか見つからないから。

私は10年以上前からYahooのフリーメールのアドレスを持っており、このメールアドレスはヤフオクのIDやyahooショッピングのID、住所やクレジットカード等のリアルな個人情報にも紐付されている。

そして私はこのYahooのメールアドレスに届くスパムメールの数が非常に多いため捨てアドレスとして使っており、このメールアドレスに届いたメールを確認することすらやっていない。

※ 下の画像の995通の迷惑メールは全てスパムメールで中身を見たこともありません。

 

Yahooがこんな出会い系・詐欺・エロDVD販売等のいかがわしいスパムメールの内容を判断して広告を表示すると言い始めたので、表示される広告は必然的にそれに関連するいかがわしい物になることは明らか。

これにyahooショッピングの購入履歴や住所等の個人情報が紐付られ、この紐付けられた個人情報が外部に漏れたら絶対に嫌だと思ったからです。

2004年に発生した「Yahoo! BB顧客情報漏洩事件」ってご存知ですか?

Yahooは過去にこんな情報漏洩事件を起こしているので、絶対に情報漏洩が無いなんて言いきれません。

 

ある日突然、自宅の郵便受けにエロDVD販売のダイレクトメールが届くことだって十分に考えられます。

そんなダイレクトメールが嫁や娘に見つかったらと思うと・・・恐ろしい。

 

 

Yahooはすでに30万人が拒否したと言っていますが、この情報を知らない人もいるでしょう。

にも拘わらず、Yahooは総務省から指摘された懸念を無視して9月19日から強硬するつもりでいます。

Yahooから届くメール

 

拒否していない方は以下のURLから早く拒否設定しましょう。

http://info.mail.yahoo.co.jp/im_optout/?src=mtop4

この記事へのトラックバックURL