テレビ番組がつまらない。

先日、芸能人がホームセンターでお買い物をする番組「ホームセンターで芸能人お買い物バトル」がやっていたけど、やらせ色満載ですぐ見るのを止めちゃいました。
リンゴの芯を抜いて8等分する道具も皮剥きできなきゃ意味ないし、風呂場の天井を掃除する柄の付いたモップも脚立と雑巾の方が効率良いだろうし、野菜を入れてハンドル回すスライサーより包丁の方が綺麗に千切りできるし(道具を洗って片付ける方が手間)、今更こんなもの紹介してどうするんだろうと思った。

最近の民放は、お笑い芸人を呼んでクイズ番組やったり、鬼ごっこやったり、よっぽどNHKの教養番組方がおもしろい。
昔はこんなことなかったのに。

TVがつまらない → 視聴者が見ない → スポンサーが金を出さない → 低予算で番組を作る、の負のスパイラルになっているんだろうね。

そんな中で最近はまっているのが、「イナズマイレブン」っていう子供向けアニメ番組、一応ことわりを入れておきますが、これはサッカー番組です。

でないと、サッカーじゃないって突っ込みを入れられそうなので。

以前、子供が見ているときに「こんなのありえない、くだらない」なんて一言で片付けていたけど、宇宙人とサッカーやってみたり、魔人がでたり、破壊力が凄すぎてサッカーグランドが壊されたりと常識では考えられない突き抜け発想が最高に面白い。
さすが、幼児向け「コロコロコミック」に連載といったところ。

イナズマイレブン1

対戦相手の宇宙人なのに、エイリア学園・・・学校?わけワカメ、深く考えちゃいけないようです。

イナズマイレブン2

皇帝ペンギンが飛び出す皇帝ペンギン2号という大技、どこが凄いのか良くわからないが、ネーミングセンスだけは凄い。

イナズマイレブン3

なぜか魔人が飛び出すゴールキーパーの必殺技のマジンザハンド、他にもおでこからパンチが飛び出したり、子供と一緒に「これ、ファールじゃん」なんて突っ込みながら、家族で楽しんで見ています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です