「死んだネコをヘリコプターに改造」の報道ですが、事実は違っているみたい。なんでフィルターをかけたり嘘を書くかな?

by 管理者
6月 10日 2012 年

奇想天外なニュースとして紹介している産経の記事ですが、「もっと良く調べてから記事にしろ」と言いたい。

 

産経の記事を見ると、「車にはねられて死んだ私のネコ『オービル』に感謝の意を表するビジュアル・アートの一環」なんて書いてあるが、この作者は猫のヘリコプターに8,000ポンド(97万円)値段をつけているだけでなく、「100,000ユーロ(990万円)の引き合いもあるが、まだ売れていない」と答えており、売る気満々。

 

全然死んだペットの事を大切に考えていないどころか、本当はお前が殺したんじゃないのか?とも思えてくる。

 

さらにマイナビの「ガジェット通信」を見たら、「ちなみにヘリを選んだ理由だが、この猫(オーヴィル)は鳥が好きだったことから、ヘリコプターにしたようだ。」なんて書いてあるが、これは事実と全く違った嘘記事。

死んだ猫の名前の「オーヴィル」は初めて航空機を発明したライト兄弟からとった名前。だから死んだ猫を航空機にしたというのが真実。

 

面白ければ事実を捻じ曲げて良いのか?

 

ヘリコプターにされた猫が実家で飼っているいる猫にそっくりなので、余計に腹が立つ。

 

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120605/erp12060513050004-n1.htm

 

 

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/getnews/2012/06/post-2045.html

 

 

しかし、事実は以下の通り。

Mr Jansen had originally put a £8,000 (€12,500) price tag on cat helicopter, which was on display in Amsterdam as part of the KunstRai art fair but Dutch newspaper Volkskrant today reported that its value has soared.

“The work has not yet been sold but we have an offer of €100,000 on the table,” Mr Jansen’s dealer Geoffrey van Vugt told the newspaper.

・・・ 略 ・・・

Volkskrant reported that Mr Jansen decided to turn Orville into an aircraft because his pet cat and its brother Wilbur, which is still alive, had been named after the Wright brothers who invented and built the world’s first successful plane.

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/netherlands/9313591/Orvillecopter-rises-value-of-cat-helicopter-increase-tenfold.html

この記事へのトラックバックURL