DIYで家電製品を修理したいときの補修部品の入手方法は?

by 管理者
5月 20日 2012 年

家電製品が壊れたときに、保守員に修理してもらうと最低1万円はかかるので、自分で簡単に修理できるものは自分でやりたいですよね。

今回は冷蔵庫の扉の修理のお話です。

 

5年前に購入した500Lの冷蔵庫(下の写真)ですが、扉を閉める部品が壊れてしまいました。

 

 

扉を閉めるときに扉が半ドアにならない様に扉が閉まりきる直前にバネの力で扉を引っ張って閉めているのですが、そのバネを保持する樹脂部品の爪が折れてしまいました。

破損個所は下の写真の中央左寄りの突起部分です。

 

これが折れた爪です。

 

そこで、家電量販店に破損した樹脂部品を取り寄せるために電話しましたが、しばらくしてから「取り寄せできない」との返事。

理由は、メーカーに補修部品の取り寄せについて連絡したところ、破損箇所の修理は専門員による修理箇所になるため、図面の取り寄せすらダメだったとの回答でした。

 

 

大手家電量販店では補修部品の取る寄せはムリ

シロート修理が失敗して故障個所がもっと酷い状態になるかもしれないし、さらに訳の分からないクレームを付ける人もいるだろうし、メーカーも保守部隊を維持するためにはそれなりに費用がかかるだろうし、当然といえば当然の対応かも。

しかし上部のカバーを開けて中の構造を見る限り、樹脂部品を取り外して交換するだけなので、難易度が低いと判断。

何とか補修部品を入手できないか調べてみました。

 

 

補修部品は町の電気屋さんから入手可能

修理はメーカーの保守部隊がやっているだけではなく、昔から町の電気屋さんでもやっています。

そこで修理をやっているメーカー系列の電気屋さんを探して部品の入手が可能か問い合わせてみると、2日後には補修部品を取り寄せしてくれました。

そこで手に入れた部品がこれです。

2つで500円也。

 

こちらは冷蔵庫の向かって右側の部品です。

見てのとおり、ネジで固定されているだけなので、ネジを緩めて取外します。

 

こちらは左側の部品です。同様に取り外します。

 

入手した保守部品に破損した樹脂部品からバネやダンパーを外して組み込みます。

 

 

元通り取り付けます。

こちらは右側。

 

こちらは左側。

 

上部のカバーを取り付けます。

 

完成です。

 

せいぜい15分で終わる簡単な作業だったので自分で修理して正解でした。

今回の故障個所は冷蔵庫の基本機能が損なわれた訳ではなかったので、もし部品の取り寄せが出来なければ修理をあきらめるつもり(1万円かけて修理する価値は無い)でしたが、たった500円で修理できて良かったです。

パナソニックや日立、東芝製品であれば、系列の町の電気屋さんで大概の部品は入手可能だと思います。

DIYで修理するときは自分のスキルと相談ですね。

お約束ですが、シロート修理をお勧めするものではありませんので、DIYで修理するときは自己責任でお願いします。

コメント / トラックバック 16 件

  1. 北川 より:

    本文 

    東芝製 扇風機 

    型式 F-LK53(C) EXCIMA

    部品 旋回用モーター 1個

    上記 リモコンにて旋回する 機械です

    有りませんか・。

    • 管理者 より:

      古い扇風機なのでメーカーが保守部品として持っているかどうか?
      個人経営の東芝のお店ならメーカーに問合せしてくれるのではないでしょうか?

  2. ハリ より:

    大変参考になりました!!

    ここを見まして出来そうだとわかり
    525円で部品取り寄せて
    修理できました。

    後のために、もう1セット買っておこうかなとも
    考えてます。

    • 管理者 より:

      冷蔵庫は出張修理なので、保守員を呼んで技術料を取られたら1万円以上になります。
      自分で出来る簡単な修理くらい自分でやりたいですね。

  3. 山本 より:

    大変参考になりました。
    私も東芝の冷蔵庫のGR-W42FBを
    もっていますが、同じ箇所が破損しました。
    私も自分でしようと思いますが、
    可能でしたら、部品の形式をお教え願えませんでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • 管理者 より:

      補修部品のラベルの適用機種にGR-W42FBの記載があるので、まさにこの部品ですね。
      補修部品は2種類あって、以下のとおりです。
      では頑張ってください。

      部品名:カイテンバン(R1)イッシキ
      商品コード STOCK NO.:440-24-118

      部品名:カイテンバン(R2)イッシキ
      商品コード STOCK NO.:440-24-119

      • HIRO より:

        はじめまして。GR-W45FSで同じ症状となったため、調べたところ、こちらにたどり着きました。

        天板を外したところ、管理人様と全く同じ症状で、ツメが破損していました。

        管理人様が、使用したパーツは、GR-W45FSにも適用可能でしょうか?

        • 管理者 より:

          現在はメーカーにスプリングやダンパーが既に組み込んでアッシーとなっている部品しかないです。
          その為、価格は片方で1500円くらいしました。
          その補修部品のラベルの適用機種欄にGR-W42FBとGR-W42FSの記載がありますが、私の冷蔵庫のGR-W50FBは記載がないのに使用可能なので、おそらくGR-W45FSでも大丈夫だと思いますが、注文時に確認した方が良いと思います。

          部品名:オートクローズ(R1)
          部品コード:440-24-114

          部品名:オートクローズ(R2)
          部品コード:440-24-115

  4. 山本 より:

    ありがとうございます。
    がんばってみます。

  5. トシ より:

    はじめまして。GR-W42FBで同じ症状となったため、調べたところ、こちらにたどり着きました。
    参考にカバーをはずしてみたところ、同じバネを保持する部品に加えて、バネの真下に位置する円形の部品も折れていました。
    その円形の部品のコードまたはコードの調べ方を教えていただけませんでしょうか。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • 管理者 より:

      この中に円形の部品も入っています。

      部品名:カイテンバン(R1)イッシキ
      商品コード STOCK NO.:440-24-118

      部品名:カイテンバン(R2)イッシキ
      商品コード STOCK NO.:440-24-119

  6. yamaneko より:

    はじめまして。
    同じ症状でここにたどり着きました。
    東芝のコンシューマーに電話してみましたがカイテンバンもオートクローズも廃盤になってしまったようで、部品の販売も修理の対応もできないといわれてしまいました。
    困りました…………

    • 管理者 より:

      補修部品の保有期間は製造打ち切り後9年だから、このように頻繁に壊れる部品は早々に無くなってしまうのでしょうね。
      実は3回目の修理を半年前?にやりましたが、その時にはメーカーにオートクローズの在庫がありました。
      今回壊れたのはスプリングだったので、プラスチックの部品は無事でした。
      yamanekoさんの型番が一緒であれば、冷蔵庫に向かって右側の回転盤ですが、中古でも良ければ差し上げます。
      但し耐久性は?です。
      回転盤

      • yamaneko より:

        えっ!?いただけるのですか?
        非常にありがたいです。
        今日、家に戻ってから折れた部分に木ネジを差し込んでみようと思っていますので、もし失敗した場合は譲っていただいてもよろしいですか?
        また、結果報告させていただきます。

        • 管理者 より:

          了解しました。
          欲しいときにはご連絡ください。
          宅配便で着払いで発送します。

          • yamaneko より:

            折れた箇所に木ネジを差し込んでとりあえずなおすことができました。
            どのくらいもつかわからないので壊れたときは連絡させていただきます。
            本当にありがとうございました。

この記事へのトラックバックURL