電話加入権の消失注意、NTT西日本では無期限なのにNTT東日本では5年で更新・10年で解約

電話加入権の更新をするためにNTT西日本に電話したところ、「5年ごとの更新が不要になった」・「休止届けのHから休止番号で復活可能」との回答でした。

つまりNTT西日本では休止届けが手元にあれば、更新無しに電話加入権を無期限で保有できることになります。

 

そのときに偶然NTT東日本のホームページで5年で更新・10年で解約と記載されたQ&Aを見つけたので、NTT東日本に説明が違っていることを連絡すると、ホームページの内容に間違いがないとの回答を頂きました。

電話の利用休止は、最長10年で解約となってしまうのですか?その場合、加入権はどうなってしまうのでしょうか。
利用休止期間(5年)を経過しても、ご契約者様から利用休止期間延長、または加入電話等の再利用のお申し出がない場合は、NTT東日本でその期間を更に5年間自動的に延長させていただいております。
なお、休止工事日(または利用休止期間延長の手続き日)から10年間、お客様より上記のお申し出がない場合は、誠に申し訳ございませんが、加入電話契約(電話加入権等)は解約されたものとして取り扱わせていただきます。以下、略

http://web116.jp/cgi-bin/shop/faq/qaview.cgi?q_code=0049&cat_id=DW02

 

 

————— NTT東日本からの回答 ————————–

日頃から、NTT東日本をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

お問い合わせをいただきました「加入権の更新と消失」につきまして、回答申し上げます。

NTT東日本では、ホームページへ掲載のとおり、利用休止工事日から10年間、利用休止
継続のお申し出がない場合は、解約されたものとして取り扱わせていただいております。

具体的には、利用休止工事日より5年後を満了日として設定しておりますが、
それまでの間にご契約者様からの延長のお申し出が無い場合でも、ご契約者様に
不利益とならないよう、弊社にて自動的に更に5年継続させていただいております。
現状は、最長10年間を経過した時点で、契約約款に基づきその契約は解除されたものと
なりますが、それまでの間はいつでも継続のお手続きが可能となっております。
また、お客様よりNTT東日本への各種ご注文・お問合せの際に利用休止中の電話加入権
が確認できた場合は、継続のご案内を差し上げるよう努めておりますので、何卒ご理解を
いただけますようお願い申し上げます。

なお、利用休止期間満了時(5年)のご連絡につきましては、
お預かり期間が長期化しており、多くのお客様への郵送によるご案内が不達となっていることから、平成21年11月より 廃止させていただいております。

今後とも引き続き、NTT東日本をご愛顧賜ります様お願い申し上げます。
——————————————-
※このメールは送信専用端末より送信しております。
再度メールでのご意見・ご要望をいただく場合、こちらの
Eメールアドレスで受付はできませんので、誠に申し訳ご
ざいませんが、弊社のホームページの「ご意見・ご要望」
(https://www.nmrs.ntt-east.co.jp/user/)
の入力画面をご利用 いただきますようお願い申し上げます。

————————— ここまで ———————————

 

つまり、NTT西日本とNTT東日本では電話加入権の扱いが違うわけで、NTT東日本管内の電話番号で休止扱いにして5年ごとの更新を忘れていると、電話加入権が消失する可能性があることになります。

 

しかも、NTT東日本は以下の回答のとおり、最近は連絡すらしないみたいです。

「なお、利用休止期間満了時(5年)のご連絡につきましては、
お預かり期間が長期化しており、多くのお客様への郵送によるご案内が不達となっていることから、平成21年11月より 廃止させていただいております。」

 

例えば、東京から大阪に引越しする際、NTT東日本に(03)から始まる電話番号を休止し、大阪で光電話に加入する。

大阪に住んでいるので5年後にNTT西日本に連絡すると、更新は不要になりましたと回答される。

しかし、休止した番号はNTT東日本管内の(03)から始まる番号なので更新が必要

そして10年後に電話加入権の消失

こんなことも考えられるわけで、NTT東日本はきちんとアナウンスしないと問題になるのではないかな?

 

 

2014年4月15日  2012年4月15日 追加

紛失により再発行してもらった休止届けがNTT西日本から届きました。当然というか、休止期間について記載はありません。

 

それに対して、こちらはたぶん以前の休止届けだと思いますが、休止期間の記載があります。

 

 

おすすめ

2件のフィードバック

  1. がいあ より:

    フレッツ光の勧誘が多くなってきたので料金検討中に
    そうえいば休止している加入権はどうなるんだろうと疑問に思い検索してたらこの事実初めて知りました。
    ただでさえ加入権に関しては、NTTに返却できないことに不満だったのに一方的に失効とはやりかたが汚いですね
    最低限アナウンス&更新時期には連絡のはがきぐらいよこすのが正しい企業としてのありかただと思うのですが・・・
    東電体質と変わらないじゃん

  2. ちう より:

    うちでも固定電話を解約もしくは休止しようかと思いネットで色々見ていてこの記事に行き当たりました。

    NTT東日本が悪者っぽい感じになっていますが、10年で解約扱いになるというのは民法第167条第1項
    「債権は、十年間行使しないときは、消滅する。」
    が規定する消滅時効を適用しての措置であると思われます。これに反する契約(約款を含む)は民法第146条により無効ということになっておりますので、NTT西日本がいま何と説明していようと、10年間放置していた場合は電話加入権は消滅したものとして扱われても文句はいえません。
    ひょっとして儲かっていればサービスで復活させてくれるかもしれませんが、それはあくまでサービスです。

    何でこんな決まりがあるのか? 今回の場合でいいますと…
    今のご時世、「固定電話いらんけど、ひょっとしたらまた必要になるかもしれんし」という事で何となく休止にしたままほったらかしにしそうな人、多分何十万人と居ますよね。そのまま10年も経つと、利用者のほとんどは休止にした事なんて忘れてしまうでしょう。その間に引っ越したり亡くなったりして連絡が取れなくなる人も相当居るはずです。
    ところが電話会社の立場に立ってみれば、ある日突然サービスの再開を求めてくるかもしれない人が何十万人という単位でどんどん増えていくと、回線容量をどれ位確保しておけばよいかが分からず、確かめたくても連絡も取れない人がたくさん居る、という状態になりとても困ります。
    こういう事が起こる、「10年も経って何も確認してこない人の事はもういい、という事にしましょう」と法律で決めてあるのです。

    という訳で、はっきり説明してくれている東日本はむしろ親切というべきでしょう。
    西日本の管内でも、「会社が定める手続」としては更新不要でも、法律では10年を超えるとアウトですので、9年目位のところで何とか思い出して一旦確認を入れることをおすすめします。

    思い出さなかったら…まあ、多分今後の人生に固定電話は要らないということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です