開業前なのに「開業届け」を出したら確定申告は?

確定申告の季節になりました。

 

昨年、個人事業者として「開業届け」を出して初めて確定申告するのですが、このブログを読んでいただいている皆さんがご存知のように珈琲焙煎機は現在開発中なので売り上げなんて無いんです。

別の言い方をすると、開業していない。

売るものが無いので開業できないのは当然ですね。

しかし、加工業者にお願いして試作品を作ってもらっているし、自分で加工するための工具も金属材料も買っているので経費が発生している。

それを欠損として今年に持ち越そうとしたら、本業の収入と相殺されるとか、知らなかった (。>0<。)ビェェン

 

そこで、知り合いの税理士に相談したら、「売れるものがあって初めて開業届けを出すものだ、バカモノ」と怒られました。

開業してなくても「開業届け」を出したのは、開業していないと相手をしてくれない加工業者や銀行があって、おそらくこちらのやる気を見ているんだろう、中途半端な奴なら相手してやらねえってことなんだろうと思って開業届けを出したんです。

例えば、「モモタロウ」というサイトは工具やベアリングとかスプリングとか工業部品を販売しているのですが、開業していないと取引してくれません。

頭ごなしに怒られたので「売り上げがなかったら、確定申告しなくても良いって税務署に言われた」って言い返したら、「たぶん青色が取り消されるよ。」との返事

事の顛末を税務署に相談したら、販売していないのに欠損はありえないので、試験研究費と開業費に分けて確定申告すれば良いとのことでした。

こういう場合は申告が自由な白色でやれば良かったのかな、良く分からない。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です