中部電力管内では節電なんてどこ吹く風、無駄な電気を関西電力に融通してあげられないのかな?

今日、NHKのニュースを見ていたら関西電力の電力需要が厳しく、各家庭に10%の節電を要請すると言っていました。

私が住んでいるところは愛知県で中部電力管内

関西電力管内と同じ60Hz地域なので、簡単に電気を融通できる地域

しかし、この愛知県では、すでに節電なんてどこ吹く風

夏の間オフィスビルで節電のために間引いた蛍光灯も元に戻し、冬は節電をする予定は無いらしい。

オフィスでは今まで蛍光灯を間引いて多少暗くても慣れてしまったので、逆に蛍光灯を元に戻したら眩しいくらい。

はっきり言ってここまでオフィスを明るくする必要は無いし、むしろ電力の無駄

昼夜問わず煌々と照らすパチンコ屋のイルミネーションは電気を捨てているだけで、もはや光害と言える程の酷さ

そして名古屋の街頭ではクリスマスイルミネーションの準備が着々と進んでおり、昨年と変わらない規模らしい。

豊橋の駅前も寒々とした白色LED一色のクリスマスイルミネーションで飾るのかな?

これは人通りの少ない駅前がさらに寒いことになるので、別の意味で止めた方が良いと思うが・・・

クリスマスイルミネーションを止めたりオフィス内の電灯を間引いたり、パチンコ屋のイルミネーションを規制したり、 誰も我慢する必要が無い節電は継続して、余った電気を関西電力に分けてあげれば良いのに、何でこんなことも出来ないのだろうか?

この国のやっている事は一貫性が無くて良く分からない。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です