チーズケーキを作っている最中にハンドミキサーの中の部品が燃えちゃいました。

by 管理者
10月 06日 2011 年

ベークドチーズケーキを作るため、ハンドミキサーを使ってメレンゲ泡立てていると、焦げた変な匂いがプーンとしてきました。

どうしたんだろうと思っていると、次第にハンドミキサーの音が低くなり回転が落ちてきましたが、数秒後にはまた元の回転に戻りました。

この時点で発火の危険性があるので危ないと分かっていましたが、あと少しでメレンゲの攪拌が終わるので、それが終わるまでは回って欲しいなんて思っていたら、いつのまにか真っ白いメレンゲに黒い点々がポツリポツリと付いています。

よく見ると、ボールのふちに小さな金属辺らしきものが付着しており、この時点でこのメレンゲは終わったと確信しました。卵5個分オシャカです。

 

 

ハンドミキサーを分解すると、燃えたのはこの部分

 

 

焼け焦げた被服をめくると出てきたのはこの部品、青い方の部品が燃えて外装が剥がれています。おそらくセメント抵抗?

 

 

てっきり、モーターがイカレタのだと思っていました。

まあ、嫁や娘が使っているときじゃなかったので、それだけでも幸いです。

この製品はmatsudenのMS-303というハンドミキサーです。

皆さんも注意してくださいね。

 

 

慌ててホームセンターに行って買ってきたのがこのハンドミキサー。

どこのメーカーだろう、どちみちこれしか売ってなかったので選びようながなかったですが、ハンドミキサーなんて何でも良いやっと思って買ってきました。

 

 

結局、すったもんだの末完成したチーズケーキです。

ホールの写真を撮る前に、嫁と娘に食べられてしまいました。

挙句の果てに、甘くないって文句を言われました。・・・砂糖控えめにしたのに、気づけよ!。(`ε´)ぶーぶー

 

 

で、余った卵黄は、どうしたのか?

撮り合えず、カスタードクリームを作りました。

パンに付けても、シュー皮を焼いてシュークリームにしても良いので。

この記事へのトラックバックURL