夏休みの最後の思い出、前から目を付けていたお店に子供を連れてランチを食べにいきました。

by 管理者
8月 30日 2011 年

夏休みも残り少なくなり、子供達をどこにも連れて行ってあげられなかったので、ご飯でも食べに行こうかと近くのお店にランチを食べに行きました。

外食であれば今まではファミレスが多かったのですが、ファミレスや100円の回るすしは食べ飽きたので別のものが食べたいというリクエストに答えて、ブログで毎日ランチメニュー掲載してしており、前々から目を付けていたお店にしました。

今日の日替わりランチは、秋刀魚の蒲焼です。

ボリューがあり、これで800円(食後の珈琲とデザートが別に付きます)なので結構お得です。

秋刀魚の蒲焼は時々自宅で作りますが、このようにカリっとふっくらと作れないです。

自宅で作るときは、面倒臭いので油を引いたフライパンで秋刀魚を焼いて、ついでにタレをカラメテしまうのでベチャとなってっしまって美味しくないのですが、美味しく作るためにはこのお店のように直火で焼かないとダメですね。

手間を惜しんではいけないということが良く分かりました。

娘からもすごく美味しいと、裏を返せばパパが作ったサンマの蒲焼は不味いということで・・・

今後のために、美味いものを食べさせて舌を肥えさせてはいけなかったかも。

行ったお店は、コチラの魚彦会館になります。

この記事へのトラックバックURL