新築・リフォームする時は3口のコンセントをお勧めします。

by 管理者
10月 20日 2010 年

家についているコンセントは2口のものが多いですが、もし家を新築するなら、コンセントは3口にすることをお薦めします。

※ コンセントそのものの追加ではありません。2口のコンセントを付けるなら3口のコンセントにした方が良いよ、という意味です。

理由は、2口と3口のコンセントの価格差はわずか100円程度でありながら、電器工事する人の手間は全く変わらないから。

3口コンセント WTF13033WK・・・300円くらい

2口コンセント WTF1502WK・・・200円くらい

例えば、6LDKの1戸建を立てるときに1部屋に4箇所のコンセントをつけると仮定し、トイレや廊下、階段の踊り場、納戸にコンセントを付けてもせいぜい50個程度。

100円×50個=5000円の原価が上がるだけで、コンセントの数が1.5倍に増えます。

コンセントは使わないかも知れないけど、あっても困らない。

テレビやビデオだけであれば2個で十分ですが、ゲーム機を追加したら不足します。

パソコンとディスプレイだけで2個ですが、プリンタを追加すると不足します。

長く住むことを考えてるといつコンセントが不足するのか分からないので、はじめから3個口のコンセントで設計するのが良いと思います。

後から自分で必要になったところのコンセントを3口に変更することもできますが、電気工事士の資格が必要な工事になるので、家を新築するときやリフォームするときは絶好の機会だと思います。

※ 自分でコンセントの交換をやった(2口→3口)ので、交換の仕方をホームページに掲載します。(上にも書きましたが電気工事士の資格が必要な工事です。)

http://lifestyle.trend-ai.com/patio/diy-home-walloutlet.html

この記事へのトラックバックURL