飯館村では「集落」で高い放射線量を観測している。避難指示はまだ出ない?

by 管理者
4月 09日 2011 年

文部科学省のホームページに行くと様々なデータがあります。

これは、「福島第一原子力発電所の20km以遠のモニタリング結果について」平成23年4月9日 10時00分現在の資料です。

表 モニタリング結果

図 モニタリング結果

福島第一原子力発電所の20Km以遠のモニタリング結果[平成23年4月9日(土曜日)10時00分時点]  (PDF:273KB)

以前から放射線の測定値が高くて何度も話題に出てくる飯館村ですが、今日も32番と33番の場所で高い値が観測されています。

この場所をゼンリンの地図で確認してgoogle earthで見ると、「長泥」という場所附近ですが、驚いたことに集落です。

政府の対応があまりにも遅いので、人里離れた山の中だろうと思っていましたが、全然間違っていました。

こういうことをマスコミは指摘しないんですね。

妊婦や乳幼児は避難したと聞きましたが、それ以外の人はまだ住んでいるのではないでしょうか?

「年20ミリシーベルトで避難」 安全委、厳格化へ見解とのことですが、この場所では単純に計算して32番の場所では年間24.6*24*365/1000=215ミリシーベルト浴びることになります。

すでに1ヶ月経過したので、浴びた放射線量は215/12=約18ミリシーベルトになりますが、3月18日の時点で140ミリシーベルトを観測していたことを考慮すると20ミリシーベルトは完全に超えています。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011040702000031.html

いつになったら、避難指示がでるのでしょうか?

 

広域地図

 

詳細地図

 

航空写真

この記事へのトラックバックURL