「美丘」最終回

by 管理者
9月 19日 2010 年

3月と9月といえば、テレビ番組が最終回を迎え、新しい番組が始まる時期です。

昨日は「美丘」が最終回だったので子供と一緒に見ました。

このドラマは初回からなんとなく最終回まで見てしまったのですが、なんとなく終わってしまったという印象で主人公が亡くなる最終回でも泣けるような場面は無く、感動的な場面のはずなのに子供と交わした会話が、「このお医者さん、龍馬伝に出てる人だよね。」でした。美丘をやっていた女優さんよりこのお医者さんの方が心に残る良い演技をしていたような気がします。

時々出演していた4人の大学生仲間はどういう存在だったのか?無い方が良かったのではないか?

最近のドラマは中身が薄いのか、役者の演技力不足なのか、脚本に問題があるのか、つまらないものが多いと思います。

ところで、今でも私にとって感動するドラマといえば、「Dr.コトー診療所」です。

このDVDを時々見ますが、配役の泉谷しげるが良い味だしてるし、時任三郎や柴咲コウも良い演技をしている。吉岡秀隆の悩みながら答えを出すやさしい先生役も良かった。そして南の孤島というロケーションがとてもきれいでこのドラマに花を添えていました。ドラマを見てから漫画を読みましたが、再度感動しました。

こういう感動的なドラマを見たいなと思います。

次ページへ »

« 前ページへ

この記事へのトラックバックURL