ブレーキパッドの交換、たった200円で自作したピストン戻しツールの紹介

by 管理者
3月 07日 2018 年

ウォーターポンププライヤーやメガネレンチを使って無理やりピストンを戻すことも出来ますが、ピストンに傷が付いたりピストンが斜めに押し込まれたり、ダストブーツが破れたり、つまらないトラブルに合う可能性があります。
そこで2000円程度で購入出来る専用のピストン戻しツールを購入して作業するつもりでしたが、車検でブレーキパッドの残厚を確認した時、ブレーキキャリパーの形状から「ホームセンターで売ってる材料で作れるだろう。」と材料を探して自作しました。


 

M12 長さ140mm 六角ボルト 1本 108円
M12 六角ナット 3個 30円
Z金具 4.5 x 40 2個 28円

・・・1回り大きなサイズを予備で購入したけど、結局未使用・・・
Z金具 6 x 54 2個 124円
M12 ワッシャ 1個 8円



 

ブレーキパッドを外して自作のピストン戻しツールをピストンに均等に押し当てて、六角ナットを指で回して固定します。


 

スパナか六角レンチで六角ナットを回してピストンを戻します。


 

M12のボルトが供回りするなら、M12のソケットを差し込んで保持すると良いでしょう。
実際、200円で自作したこんなツールを使ってブレーキパッドの交換作業が簡単に出来ました。

この記事へのトラックバックURL