電気製品の落雷対策、アンテナケーブルに避雷器の取り付け

前回、分電盤に避雷器を取り付けたので、今回はアンテナからの落雷対策としてマルチメディアボックス内に避雷器を取り付けました。
避雷器という名称で良いのか良く分かりませんが、メーカーのパッケージには雷サージプロテクタと記載されています。

この製品のコンセプトはテレビの直前に配置してテレビに入る雷サージからテレビを保護する製品ですが、この方法だとテレビの台数分避雷器が必要になる。
それではコストが掛かりすぎるので各部屋に分配する前、さらにブースターで増幅する前に配置すれば全てのテレビとブースターも保護することが出来ます。

雷サージ電流はアンテナから電気配線にショートすることも考えられるので、敢えてコンセントは使用しない代わりにアースに接続します。

電源に挿さないためパイロットランプが点灯しないことで取替え時期が分かりませんが、その時だけ電源に差し込めば良いので運用上問題なし。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です