トヨタ パッソにキーレスの追加登録する方法

by 管理者
5月 01日 2017 年

トヨタ パッソの助手席側にはキーシリンダが無いため、鍵を持っていても助手席側から車内に入れません。
4ナンバーの軽でも助手席にキーシリンダが付いているのに、普通車のパッソに付いていないのは不思議・・・というか鍵を持っていても助手席側から車内に入れないのは不便とばかりにヤフオクで中古のキーレスを入手してパッソKGC30に登録してみました。中古のキーレスは送料込みで1,000円以下で入手できたので新品購入するより断然安い。

右側はヤフオクで落札した型式が違うパッソ KGC15のキーレスですが、リモコンは同じなのでパッソ KGC30でも使用可能です。ちなみに左側はパッソを買ったときに付いてきたキーレスの無い合鍵です。

次にキーレスの登録方法ですが、「パッソ キーレス 登録」をキーワードにしてインターネットを検索すると、トヨタ dB等のキーレス登録方法がヒットしますが、この方法ではパッソにキーレスを登録できません。
何故ならパッソはトヨタ車ですがダイハツのOEMだからです。

次に私が調べて実施したパッソのキーレスの追加登録の方法ですが、重要なことが1つあります。
キーレスを追加登録すると、全てのキーレスの情報を初期化してから登録モードに移行する為、古いキーレスの情報も消えてしまいます。つまりキーレスが複数個ある場合、一連の操作の中で全てのキーレスの登録を行う必要が有ります。
これはトヨタのキーレスでは追加・書き換え・確認・禁止の目的に応じてやり方が違いますが、ダイハツは全てのキーレスの情報を初期化してから登録する方法だからです。
ダイハツのキーレスの登録方法は全てのキーレスが手元に揃ってないと登録できない為、スマートなやり方ではないですが、作業自体簡単なので手間ではありません。

トヨタ パッソのキーレス登録方法

    ① ボンネットを開ける。
    ② 全ての扉を閉める。
    ③ バッテリーのマイナス端子をいったん外して、数秒してから取り付ける。
    ④ 10秒以内にキーレスのアンロックボタンを5秒以上押すとドアロックが自動的に施錠・開錠し、キーレスの登録モードに移行する。
    ⑤ 5秒以内にキーレスのアンロックボタンを1秒以上押すとドアロックが自動的に施錠・開錠し、登録完了。

※ キーレスが複数ある場合は、④と⑤を全てのキーレスで繰り返す。
 

キーレスの登録作業が終わってから、バッテリーのマイナス端子をしっかりと固定し、バッテリーを外したことでメモリー消失した車内の時計やナビの設定を行います。
メーターパネル内の走行距離TRIPや燃費等もクリアされますが、これは仕方ないですね。

この記事へのトラックバックURL