バナナプラグ変換アダプタの作成

by 管理者
2月 10日 2016 年

古いスピーカーにバナナプラグを付けたい。

現在多くのスピーカーやアンプはバナナプラグ対応のものが多いですが、一昔前はそうでは有りませんでした。
例えば我が家のメインのスピーカーであるダイヤトーン DS-77HRXもバナナプラグに対応していません。
複数のスピーカーを所有していれば、音楽ジャンルに応じてスピーカーを切り替えて聞きたいという要望がありますが、バナナプラグに対応してないとスピーカーケーブルの取り付け・取り外しが面倒くさい。
そこでバナナプラグに対応していないスピーカーにもバナナプラグが付けれるように変換アダプタを自作しました。
※ バナナプラグ変換アダプタはスピーカーだけでなく、アンプにも使うことが出来ます。

古バナナプラグ変換アダプタの作り方

用意するものはスピーカーターミナルと太い銅線と内径8ミリの熱収縮チューブと細いステンレス線ですが、スピーカーのセレクターを作ったときに樹脂が割れたスピーカーターミナルがあったので、それを再利用しました。
また、使用した太い銅線はAVS-2という昔の車に付けていたリモコンスターターの車種別ハーネスの残骸で2SQの太さです。ステンレス線は100円均一で購入したものを使用しました。

RIMG2115

スピーカーターミナルはバラしてから銅線の被覆を剥いてスピーカーターミナルの穴に通し、細いステンレス線で銅線をスピーカーターミナルにグルグル巻きにしてペンチできつくねじって固定します。

RIMG2116

スピーカーターミナルの赤色のツマミはネジになっているのでこれを締めていくとツマミが右側に移動し、銅線がしっかりと固定されます。

RIMG2117

これに熱収縮チューブを被せます。

RIMG2118

そして熱収縮チューブをライターで炙ればバナナプラグ変換アダプタの完成です。

RIMG2119

バナナプラグ変換アダプタをダイヤトーン DS-77HRXに接続してみました。

RIMG2267

今度はアンプのプッシュ式のスピーカーターミナルにバナナプラグ変換アダプタを接続してみました。
アンプはスピーカーと違って端子間の距離が狭いので、バナナプラグ同士が接触してショートしないように熱収縮チューブを被せる等の対策が必要です。

RIMG2135

新たに購入したものは内径8ミリの熱収縮チューブだけだったので出費はたったの84円也。

この記事へのトラックバックURL