SONY CDP-333ESDのベルトの交換

by 管理者
2月 05日 2016 年

CDプレーヤー SONY CDP-333ESDのトレーが開閉できない。

今から30年前の古いCDプレーヤー SONY CDP-333ESDですが、トレーの開閉が出来なくなりました。
これは3年前に同じトラブルがあって2本有るゴムベルトのうちの1本を交換しましたが、今度は交換しなかった方のゴムベルトが伸びてトレーの開閉が出来ないトラブルです。

そこで、ゴムベルトのサイズをネットで調べるとφ45×2tとの情報を見つけましたが、伸びたゴムベルトの径を計測するとφ45ある。

RIMG2287

伸びたゴムベルトと同じ径のφ45のゴムベルトを購入してもテンションが掛からないのでおそらくダメ。
そこで1サイズ小さいφ40×1.6tのゴムベルトを注文しました。
3年前は千石電商で買ったのですが、今はヤフオクで入手可能です。
しかも安い。
左が伸びたゴムベルト、右が今回ヤフオクで購入したφ40×1.6tのゴムベルトです。

RIMG2286

修理開始

取り替えたゴムベルトです。ついでにプラスチックのギアが噛み合う部分にシリコングリスをつけて修理完了です。

RIMG2289

新品で購入したときのようにキビキビとトレーが開閉するようになりました。

RIMG2292

3年前に修理したときは、径の大きなゴムベルトを交換しましたが、そのときに径の小さなゴムベルトも交換しておけば良かったです。
後の祭りですが。

この記事へのトラックバックURL