YAMAHA NS-2にネットワークを追加してうるさい中高音の対策

by 管理者
2月 03日 2016 年

我が家にやってきたYAMAHA NS-2

我が家のサラウンドスピーカーはモニターオーディオのBronze BR2というスピーカーですが、フロントに持ってきてジャズを聞いたらなかなか良かったのでこれをフロントに配置することにしました。
代わりにサラウンドスピーカーを探すことになり、能率が良くて設置場所の制限から幅20cm以内でなるべく大きく、そして安いことを条件にヤフオクで落としたのがYAMAHA NS-2です。

ns-2

YAMAHA NS-2のは中高音はうるさい?

このスピーカーの情報をネットで探すと中高音が賑やからしく、うるさく感じて手放してしまう人が多いみたいです。
失敗したかなと思いながら音を出して聞いてみると、一見華やかで綺麗な中高音が心地よく聞こえてきますが、長時間続けて聞くと女性ボーカルが妙にかん高く徐々に耳に付いてうるさく感じてきます。
そして低音部は切れがあるけど軽くて下まで伸びないのもなるほど思いました。

YAMAHA NS-2のウーファーにネットワークの追加

そこでウーファーを外してスピーカーの中を見ると、ツイーターには低域をカットするためのコンデンサ-とコイルがあるけど、ウーファーにはありません。

RIMG2280

YAMAHAはこのスピーカーを「ネットワークレス設計とすることでユニットの良さを活かしています。」と宣伝しているけど、物は言いようでバランスを無視してネットワークを組むためのコストを削っただけなんですね。
サラウンドスピーカーとして使うのでこのままでも良かったのですが、良い素質を持っている出来の悪い子を見るとついつい手を差し伸べてあげたくなってしまいます。
そこで手っ取り早くツイーターの配線を外してみましたが中高域のうるささは改善されなかったため、ツイーターのネットワークはこのまま生かすことにしてウーファーに中高域をカットするためのネットワークを追加することにしました。

YAMAHA NS-2の定格を見ると、クロスオーバー周波数が4000Hzになっているので、以下のURLの「各種ネットワーク計算」でクロスオーバー周波数4000Hz、スピーカーのインピーダンス6オーム 12dB/oct-6dBで計算すると、コイルが0.44mH、コンデンサーが6.17μFになることが分かりました。
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/netwark.htm

そこでこの計算結果を元にコイルとコンデンサー等の部品を調達しますが、今回はヤフオクで3千円で落としたスピーカーなので高価な部品は購入しないで秋月電子通商で適当に安い部品を選ぶことにしました。
もちろん計算どおりの値のコイルとコンデンサーなんて手に入らないので、計算値に近いものを選び、コンデンサーは微妙な調整が出来るように小さな容量のものも購入しました。

みの虫クリップ(黒) ×2個
みの虫クリップ(赤) ×2個
オーディオ用無極性電解コンデンサー1μF50V85℃ ニチコンMUSE・ESシリーズ ×2個
オーディオ用無極性電解コンデンサー2.2μF50V85℃ ニチコンMUSE・ES ×2個
オーディオ用無極性電解コンデンサー4.7μF50V85℃ ニチコンMUSE・ES ×2個
トロイダルコイル 470μH9A ×2個
合計 480円

ホームセンターで購入した端子台 ×2個
手持ちのスピーカーコード 2mとファストン端子のオスメス ×4個づつ

かかった費用は全部で千円位です。

ネットワークは端子台を基盤の代わりに使って配線やコイルをネジ止めし、コンデンサーの容量を容易に変更できるようにみの虫クリップでコンデンサーの足を挟んでいます。
そしてバスレフポートから作ったネットワークを外出しすることで、スピーカーユニットを外さなくても簡単に部品を取り替えてテスト出来るようにしてあります。

RIMG2278

コンデンサーの容量が計算値に近い2.2μFと4.7μFの計6.9μFで女性ボーカルを鳴らすと、少しハスキーな感じがしますが対策前に比べてかなり良くなりました。
試しにさらに1μF足して合計7.9μFにすると女性ボーカルが落ち着いた感じになりました。
いろいろな容量のコンデンサを足したり引いたりしながら音を聞き比べましたが、私の印象では7.9μFが一番良かったです。
しばらくこの状態で聞き込むつもりですが、さすがにネットワークをバスレフポートから出たままにしておくのはみっともないので、コンデンサーを端子台にネジ止めし、ネットワーク全体をビニール袋に入れてスピーカーの箱の中に押し込んであります。
また、私と同様にNS-2のネットワークを改造した人のブログにバスレフポートを長くするとさらに低域が伸びると書いてあったのでボール紙を丸めて突っ込んでみましたが、両者の違いが判らなかったのでバスレフポートの細工はしていません。

RIMG2277

どちらをフロントに残すのか悩ましい。

もともとYAMAHA NS-2は軽快で中高域が綺麗なスピーカーユニットを積んだスピーカーですが、ウーファーとツイーターのバランスが取れていなかったため中高域がうるさく感じられ、低く評価をされてきたと思います。
しかし今回ネットワークを追加してウーファーとツイーターのバランスを取ったことで女性ボーカルがしっとりと落ち着いて聞こえるようになりました。
これがYAMAHA NS-2の本来の実力だと思います。
それにしても低域が出ないのは仕方ないですね。
YAMAHA NS-2は軽いコーン紙のウーファーを使用しており、質量の有る振動板を使って低域まで伸ばす現在の小型スピーカーとはそもそも設計思想が違います。
低音部は軽くて切れがあるけど下まで伸びない特性のスピーカーだと割り切って使うべきでしょう。

RIMG2282

ここで困ったことが一つ。
モニターオーディオのBronze BR2とYAMAHA NS-2を聞き比べると対極にあるスピーカーだと分かります。
中高域が引っ込んでおとなしい代わりに低域がドンドン出てきて雄大な鳴り方をするBronze BR2に対して低域は控えめだが抜けが良くて中高域が綺麗なNS-2。
それぞれ得意分野が違っており、ジャズやロックならBronze BR2だけど、女性ボーカルやポップスならNS-2。
演歌以外はなんでも聴くのでBronze RX2とNS-2のどちらをフロントに残すのか悩ましいですね。
おかげでサラウンドスピーカーのスタンドの上はいまだに空席のままです。

この記事へのトラックバックURL