ジップロックでヘッドシェルケースの自作

by 管理者
12月 19日 2015 年

ヘッドシェルケースが無い

最近、使っていなかったアナログレコードプレーヤーを引っ張り出したついでにオーディオテクニカのAT150Ea LIMITEDのカートリッジをレコードプレーヤーのストレートアームに取り付け、オルトフォンのSPU-GEをオーディオテクニカのAT150Ea LIMITEDのヘッドシェルに取り付けた。

RIMG2041

しかしSPU-GEの針に保護カバーが無いので、いずれ針を破損することが予測できる。
そこで、ヘッドシェルごと収納するケースを探したものの見つからなかったので身の回りのものを使ってヘッドシェルケースを自作することにした。

ヘッドシェルケースの自作

使うのは4mmの木やプラスチックやアルミ板。
ホームセンターでこれらの材料を買って切断した方が綺麗に仕上がるが、今回は身近にある使えそうなものを探したら、100均で買った両面テープで貼るタイプの壁フックの樹脂部分の厚さが4mmだったので、フック部分をのこぎりで切断して使用することにした。
そしてこの壁フックの真ん中部分にヘッドシェルを立てる穴と抜け止めのピンを通す穴をφ8とφ2のドリルであけた。

RIMG2030

壁フックの裏はカートリッジを差し込んで回転させてもヘッドシェルの抜け止めのピンが両面テープに干渉しないように大きめにテープを削り取る。

RIMG2031

ジップロックの蓋にφ13の穴をあけ、壁フックの両面テープを剥してジップロックの蓋と壁フックの穴が重なるように貼り付け、さらに壁フックとジップロックの蓋が外れないようにネジで固定した。

RIMG2032

こちらがジップロックの内側になり、ヘッドシェルを差し込む側になる。

RIMG2033

ヘッドシェルと抜け止めのピンを揃えて穴に差し込み、ヘッドシェルを回すと固定される。

RIMG2038

ジップロックの蓋をしてヘッドシェルを保管する。

RIMG2039

この記事へのトラックバックURL