エアコンの穴開けでハプニング続出(DIYでエアコンの取り付け・取り外し:2日目)

室内壁の穴開け

配管を通す穴を説明書に従って65φの大きさに開けました。

壁の穴を開けるときに専門業者はコアドリルを使用しますが、個人で65φのコアドリルを買っても再使用する機会は無いので、手持ちの工具だけで穴を開けます。

 

まず65φの穴をコンパスで描き、その線の上を細い釘を刺してこの場所に柱が無いこと確認します。

そして下の写真のように2.5φのドリルで穴開けしていきます。

2.5mmのドリルで穴開け

 

 

次に鉄鋸の刃を突っ込んで円形に石膏ボードを切り抜きます。

石膏ボードを切り抜く

 

 

ハプニング発生 その1

穴が開きましたが、その約5cm先に石膏ボードの壁が有り、想定外の事態に!

ドリルの刃を10φに取り替えて、石膏ボーを崩していきます。

壁の内側に石膏ボードの壁

 

ハプニング発生 その2

壁の中にある石膏ボードの壁を崩していくと、なんと柱が出てきました。

これまた想定外!

内側の壁の向こうに柱

結局この場所に穴を開けることは不可能なので別の場所に穴開けしました。

コアドリルで穴を開けていたら、間違いなく柱に穴を開けていたと思います。

今回、自分で穴を開けたから気が付いたけど、業者にやらせたら柱に穴を開けたまま黙っていただろうと思います。

壁の約5cm先にもう一枚石膏ボードの壁があって、その先にある柱なんて、たとえ専門業者でも気が付く訳がない。

もし、この状態で気が付いて客に話をしたところで、怒られて穴をタダで塞ぐ(もしくは壁一枚弁償する)手間が発生するだけです。

壁の中の様子なんて客に分かる訳がないので、正直に客に話すより、何食わぬ顔で柱に穴を開けて工事をした方が得だろうから。

これを見て、今回自分で工事をして良かったと思いました。

 

 

外壁(波トタン板)の穴開け

次は、外側の波トタン板の穴開けです。

真ん中の大きな穴は、室内側から10φのドリルで室内側の穴の中心が分かるように開けた穴です。

そして、その中心の穴より若干低い位置に4.5φのドリルで穴開けしています。

波トタン板の穴開け

 

 

次に金切ハサミで円形に切り取ります。

金切ハサミで円形に切り取り

 

 

穴が開きました。貫通した穴を通して室内が見えますね。

穴が貫通

 

 

穴の大きさを金切ばさみで切ったりヤスリで削ったりして補正し、65φのスリーブを通します。

スリーブを通す

 

 

室外機の置台の加工

この置台は、古いナショナルの室外機が乗っていた置台ですが、日立の室外機に固定するボルトの穴の位置が合いません。

そこで新しく穴を開けます。

室外機の台の穴開け

 

 

室外機をのせたままマジックで印を付け、ドリルで10φの穴を開けます。

穴を開けた置台

 

 

置台に室外機を乗せて10φのボルトとナットで固定します。

室外機の固定

 

室外機の固定完了

室外機の固定完了

 

 

エアコンを取り付ける金属板の取り付け、壁の穴開け、室外機の固定が完了しました。

今回はここまでです。

左の壁に2個穴が開いていますが、次回間違えて開けた上側の穴を塞ぐ予定です。

室内機と室外機の距離を測ったところ6m有ったので、6mの配管をネットで購入して真空ポンプの手配をします。

次回で完成!?

今回の作業終了

 

 

*** 2013年06月09日 追加 ***

朝、玄関のチャイムが鳴ったので、インターホン越しに話したら、不用品引き取りのリサイクル業者だった。

不要な自転車や家の横に置いてある車のアルミホイールを引き取りたいと言っていたので、代わりに取り外した古いエアコンがあると言ったら、無料で引き取ってくれるとのこと。

そこで実家の場所を教えようとしたら、浜松から来たブラジル人なので地理に不案内で分からないらしい。

仕方ないので、バイクで先導して実家の場所を教えてあげた。

古いエアコンだけでなく、壊れた液晶テレビやエアロバイク、商品の空気を抜いて真空パックを作る機械もついでに無料で引き取ってもらった。

家電リサイクル法って家電品の不法投棄が問題になって立法した法律だったけど、金属の価格が上がって売れるようになったので、機能しなくなっているね。

願わくば、エアコンの室外機内のフロンガスの処理はキチンとやって欲しい。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です