‘修理’ カテゴリーのアーカイブ

テフロンを再加工したティファールのフライパンの耐久性、2年後のレポートです。

修理 | by 管理者
4月 09日 2013 年

新品で購入してから3年後にこびりつきが酷くなってテフロンを再加工したフライパンですが、使い込んでいるうちにどのように劣化していくのかレポートするこの企画。

6ヶ月後、1年半後、2年後といよいよ今回で3回目です。

 

ティフールのフライパンは、新品から3年後に再加工したので我が家の使い方で耐久性は3年でした。

そのためテフロンを再加工した後の耐久性も3年を目標としています。

 

我が家で使用頻度が大きいのは30cmのウォックパン(中華鍋)です。

28cmのフライパンもありますが、ウォックパンの方が深さが深くてこぼれ難いので、使い勝手が良くて少し量を多めに作るとこればかり使っています。

再加工から2年後の劣化具合ですが、油を引かないとくっ付くようになり、再加工当時の滑るような性能はありませんが、それでもまだ大丈夫です。

3年前に再加工に出したときの状態と比較すると全然OK、というのは3年前に修理に出した時は、この有様でしたから。

 

参考までに、過去のフライパンの耐久性のレポート

※1 再加工してから1年半経過したフライパンの状態の記事

※2 再加工してから半年経過したフライパンの状態の記事

 

30cm IH対応ウォックパン

30cmウォックパン全部

 

30cm IH対応ウォックパン アップで撮影

30cmウォックパン細部

 

 

22cmのフライパンはウォックパンより使用頻度は低いので、この方が状態は良いですね。

パンケーキもくっ付かずに綺麗に焼けます。

22cm IH対応フライパン

22cmフライパン全部

 

 

22cm IH対応フライパンアップで撮影

22cmフライパン細部

 

あと1年で目標の3年ですが、この調子だと大丈夫そうですね。

ちなみに、IHコンロの火力を最強の状態で使わないように注意しており、早めに食材を投入して空焼きしないようにしています。

また、フライパンが熱いうちに水をかけて洗うことも避けています。

そのため、フライパンを酷使している家庭に比較すると、我が家のフライパンの耐久性は高い方かもしれないです。

電池が抜けない、メーカーに聞いたら「力ずくで外してください」って無理。ドリルで無理やり電池を破壊。

修理 | by 管理者
3月 25日 2013 年

設計にノギスは付き物ですが、そのノギスに電池を逆に入れたら外れなくなってしまいました。

入れた電池は新品のSR44、酸化銀電池で結構高い。・・・かなりショック。

※ 100均で売っているLR44とは別ものです。

電池が外れない

 

電池を入れたときは、そんなに深くはまっていなかったのですが、電池とソケットの隙間に先の細いピンセットを差し込もうとしているうちに、電池が完全にがっちりとはまってビクとも動かなくなってしまいました。

メーカーサポートに聞いたら、電池とソケットの隙間に細い物を差し込んで力ずくに外して下さいという回答でしたが、その通りにさらに力を入れてピンセットを突っ込んだらノギスが壊れてしまいます。

 

ノギスを壊すなら、電池の方を壊した方が・・・。

 

バイスにノギスを固定して1.5mmのドリルで電池に穴を開けてムリヤリ取り外しました。

写真では見難いですが、開けた穴から白い液体が出ています。

強酸性の液体だと思うので、電池には触れないで紙に包んで捨てました。

新品のSR44ですが、もったいない。

ボール盤で取り外し

 

電池を入れるときに逆かもしれないと思いながら、逆に入れたら外せば良いやなんて軽く考えていた自分の考えが甘かった。

良く調べず逆に電池を入れた私が悪いのですが、そもそも電池を入れるソケットのクリアランス、ちょっと狭すぎじゃないですか?

剥がれたフローリングの修理方法

修理 | by 管理者
3月 01日 2013 年

フローリングの表面(厚さ3mm位?)が剥がれてきました。

表面が剥がれたフローリング

 

 

ハウスメーカーに相談したら、専門の人に修理してもらうと3時間で42,000円かかるとのことでした。

修理方法を考えると、①ボンドで貼り直すか、②上から釘で止めて表面を分からないように補修するか、③フローリングを張り替えるしかない。

しかも、フローリングの張り替えは70,000円以上(ハウスメーカー談)かかり、この42,000円というのはボンドで貼り直すか、上から釘で止めて表面を分からないように補修するしかないわけで、それなら自分で出来るのでDIYで修理することにしました。

※ ハウスメーカーのサービス員は、フローリングを張り替えると色目が周りと同じにならないのでお勧めしないと言っていました。

 

 

ハウスメーカーに使用するボンドの種類を聞いたら木工用ボンドで良いと言っていましたが、ネットで調べると木工用ボンドは止めた方が良いとの書き込みが沢山あり、ホームセンターで聞いても木工用ボンドは剥がれるのでやめた方が良いとのことでした。

そこで買ってきたのが、(超)強力なボンドとインクジェットプリンターにインクを注入する注射器です。

 

ボンドと注射器

 

ボンドがはみ出てもフローリングを汚さないように床をビニールテープで養生し、精密ドライバでフローリングを持ち上げて注射器でボンドを充填しています。

ボンドが少なすぎて中途半端にくっ付くとやり直しが出来ないので、ビニールテープの上にはみ出ることを見越して多めにボンドを充填しています。

※ 精密ドライバーの右側にもボンドを充填します。

ボンドを充填

※ 養生テープをバラ売りしていなかったので、養生シートを止めるためのビニールテープ(粘着力が弱いので剥がしやすい)で養生しています。

 

粘性のあるボンドは、注射器のピストンを強く押さないと出てこない。

しかし強く押すと針が外れる可能性があるので、針の根元をもたないとダメ!

針が取れないように注意

 

 

接着面が浮かないように重し(1本20Kgの大型スピーカー)を載せて乾くまで待ちます。

重しはスピーカー

 

修理完了です。

修理が完了したフローリング後

 

 

※ 注射針より狭い隙間にはボンドを充填できないので、完全に接着させることは不可能です。そのため、その部分からさらに剥がれる可能性を否定できませんが、その時はまた同じやり方で対処可能です。

何といっても、自分で補修すれば1000円かかりません。

古いCDプレーヤーSONY CDP-333ESDのゴムベルトの交換修理完了

修理 | by 管理者
1月 20日 2013 年

CDプレーヤーのゴムベルトが届きました。

たった1本だけ送ってもらったのですが、こんなものものしいパッケージじゃなくてメール便で送ってくれれば良いのに・・・

送料が部品代の約3倍です。

発送用パッケージ

 

黄色っぽいローラーにかかっているのが今回の修理で取り替えたゴムベルトです。

取り替えたゴムベルト

 

修理完了しましたが、以前ほど開閉がスムーズじゃないです。

そのため他の部品の摺動部分のグリスを拭き取って、新たにグリスアップしましたがあまり症状は変わらず、取り替えたゴムベルトのサイズがちょっと大きかったみたい。

それでもトレーが開閉できるようになったので、まあ良いか!?

修理完了

古いCDプレーヤーの修理、SONY CDP-333ESD編

修理 | by 管理者
1月 17日 2013 年

アンプのオーバーホールのことを以前お話したばかりですが、それよりも重傷の、というかCDプレーヤーのトレーが開かなくなってしまいました。

ぎこちない動きだと思っていたのですが、ついに。

 

このCD-プレーヤーはすごく古い製品(1987年くらい?)で、トレーが開かなくなるのはこれで2回目です。

1回目は今から10年以上前?、この時はソニーに修理依頼したのですが部品を持っていないと言われて修理を断られ、自分で修理する羽目に。

しかし、天板を開けて中を見たら、グリスが固着していただけだったので、古いグリスを拭き取ってグリスアップしただけで修理を完了しました。

今回もそれと同じだろうを思って中を見たら!

CDP-333ESD

 

グリスが固くなっています。このグリスを拭き取ってさらに調査すると・・・

メカ部分

 

トレーをローディングする中央の黄色に変色しているローラーがスムーズに回らない。

トレーのローディング

 

このローラーがスムーズに回らない原因も固着したグリスが原因なので、ローラーを外してグリスを拭き取ってシリコングリスを塗布して組み付け完了。

ローラーの清掃

 

これで大丈夫だろうと電源を入れると、修理前より改善しているもののトレーの動きがどことなくぎこちない。

よく見ると、ゴムベルト(2つ上の写真で外れているゴムベルト)が滑っている。

結局、劣化したグリスだけではなく、ゴムベルトも劣化して伸びていたみたいです。

 

ゴムベルトの大きさをノギスで確認すると、おおよそ55φ×1.6Tで良さそう。

そしてこの大きさのゴムベルトをネットで検索すると、せんごくネットで見つけたので早速注文しました。

http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=7DPG-S6JU

 

158円の商品に420円もする送料がもったいないけど、仕方ないですね。

メール便で送ってくれれば良いのに。

 

■ ご注文内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
受付番号     :
受付日時     :
支払方法     :
————————————————————————————
品目数       :1
商品代金小計 :158円
配送料       :420円
代引き手数料 :0円

総合計(税込) :578円 (消費税:27円)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

———————————————————
No.001  7DPG-S6JU   ゴムベルト(角)  φ55×1.6T

※単価  158円 X 1
———————————————————

*** 追加 2016年2月5日
3年後にここで交換しなかったゴムベルトが伸びてトレーが開閉しなくなったため、ゴムベルト交換しました。
SONY CDP-333ESDのベルトの交換
 
 

修理ネタ、昔のアンプだけどやっぱり音が良い、サンスイAU-D907G Extra

修理 | by 管理者
1月 08日 2013 年

石油ボイラーを修理したときに何故か思い出した、部屋の片隅に置いてあっったプリメインアンプ サンスイのAU-D907G Extra

今から20年以上前のいにしえのアンプなんだけど、引越ししてから電源を入れないで何年も放置した状態でした。

そこで、このアンプを引っ張り出して・・・

サンスイ AU-D907G Extra

 

かなり古いので電源入れてスピーカーを接続する前にスピーカーからのDC漏れのチェックをすると、右が20.9mV、左が8.7mV

右チャンネル

 

左チャンネル

 

右のDC漏れが少し大きいけど、スピーカーを壊すことは無いのでiPodを繋いで音を出すとメチャクチャ良い音がします。

最近はAVアンプから音を出していましたが、音の次元がまるで違います。

iPodを繋いで音を出す

 

このアンプを現役に戻そうかな?

現役に戻すのなら、古いアンプなので劣化した部品を交換したいですね。

でも、人に頼むと安いアンプなら新品が買えるほど金がかかるし、なんて考えながらアンプのフタを開けてみました。

ヒートシンクの固定金具を外した写真がこれです。

上から撮影

 

底板を外して下から撮影した写真です。

音質への影響を考えてのことだと思いますが、太く短い配線で基盤をハンダ付けして接続してあるため、簡単にアンプの筐体から基盤だけ外すことは出来ませんでした。

下から撮影

部品を1・2個交換するだけならこのままやってしまおうと思いますが、数が多いと作業性を考えて基盤だけ分離したいな。

どのようなアプローチをするのか、今後考えていこうと思います。

石油ボイラーの修理完了(破断したコンデンサーの取替え)

修理 | by 管理者
1月 07日 2013 年

昨年末に壊れたボイラーの基盤・・・コンデンサーが断線していたので新品のコンデンサーに取り替えました。

下の基盤の真ん中の黒っぽくなっている部分にコンデンサー付いていましたが、取り外したところです。

※ 黒くススけているのは、コンデンサーの足が破断したときにショートして周りのホコリを巻き込んで燃えたため。

コンデンサーを取り外した基盤

 

取り替えたコンデンサーです。上が新品、下が壊れて取り外したもの。

取り替えたコンデンサー

 

基盤の黒くススけた部分をアルコールを付けためん棒できれいにしてから、新品のコンデンサーを取り付けました。

新品のコンデンサー取り付け完了

 

ハンダ付けもきれいに出来て完璧、そしてコンデンサーの足を切るときに、手元にあったニッパーを使ったら「アレッ切れが悪い」

ニッパーでハンダ部分を弄っている間に、ハンダに亀裂が・・・

もう一度ハンダをやり直しました。

一歩間違えると、基盤のランドまで壊して取り返しのつかないことになるため、精度の悪いニッパーは使うべきじゃないですね。

せっかく上手に出来ても、クダらない作業で台無しにするところでした。

 

手元にあるとつい使ってしまいそうなので、早速この精度の悪い(噛み合わせの悪い)ニッパーを捨てました。

大晦日に石油ボイラーが壊れた。風呂が沸かせない!?

修理 | by 管理者
12月 31日 2012 年

今日12月31日に実家から風呂を沸かす石油ボイラーが壊れたので見て欲しいと頼まれました。

 

詳しく話を聞くと、ゴムが焦げるような臭いがして石油ボイラーが動かなくなったとのこと。

そのため、昨日の風呂は寒かったとか・・・

 

なんせ古い家なので、電気コードをネズミに齧られたのだろうと思ってコードのチェックをしましたが、ショートして焦げた形跡は無し。

そのため石油ボイラーの基盤カバーを外して中を見ると、電子部品にホコリが堆積しており、それをきれいに取り除くとコンデンサーの足の1本が破断してその周りが焦げて黒くなっていました。

デジカメを持っていなかったため手持ちの携帯で撮影したのでピンボケになってしまいました。

年が明けて実家に挨拶に行ったときにデジカメで撮り直しました。(2013年1月1日)

石油ボイラー

 

破断しているコンデンサーと焦げた黒い基盤が分かりますよね。

破損したコンデンサー

 

安全回路が働いてLEDが点灯していたため、赤色のリセットボタンを押したところ、石油ボイラーが動くようになりました。

リセットボタン

 

コンデンサーの足の破断によりショートして堆積していたホコリが燃えて安全回路が働いたことが故障の原因ですが、なにより火事にならなくて良かったです。

取り敢えず、リセットしたことにより石油ボイラーが動くようになりましたが、コンデンサーの足が破断しているため早々の修理が必要です。

しかし、年末年始のこの時期ですからコンデンサーの入手もできないし、どうしようもないです。

当面の間、風呂を沸かすときは石油ボイラーから目を離さないようにに伝えておきました。

来年早々にコンデンサーを取り替えるつもりですが、ネットで検索したところ控えたコンデンサーのキーワード 「W CE 85℃ M4069」ではコンデンサーの型番が特定できなさそうです。

 

何か見落としているキーワードがあるかも知れないので再度実家に行ってコンデンサーを調べる予定です。

 

*** 2013年1月1日 追加 ***

コンデンサーはRubycon 16V 33μF 85℃でした。

名古屋大須のアメ横に行ったときに買ってきます。

 

*** 2013年1月5日 追加 ***

第二アメ横ビルのお店でコンデンサーを買ってきました。

日をあらためて修理します。

 

新品コンデンサー

玄関の鍵(美和ロック PRシリンダー)の掃除、鍵が引っ掛かって回し難い・鍵が抜けないときの対処・・・その2

修理 | by 管理者
12月 11日 2012 年

最近玄関の下側の鍵が引っ掛かって回らない、引っ掛かって抜けない事があると思っていたら、妻から「玄関の下の鍵が引っ掛かるので、鍵をかけないからね」って言われて、やっぱりそうだと再認識した次第です。

昨年の上側のシリンダーに続いて今回は下側のシリンダーでもトラブルが発生したため、美和ロックのPRシリンダーって問題あるのかな?

それともメンテナンス不足?

 

ホームセンターに行くと、鍵穴から潤滑油を吹き付ける鍵穴専用スプレーが売っているので、シリンダーを分解して汚れを完全に除去してからこのスプレーを吹きました。

 

下側シリンダーの取り外し方

シリンダーを内側から外します。

扉の内側から外します

 

ネジを外します。

ネジを外します。

 

ネジを外します。

内側のネジを外します。

 

ネジを外します。

ネジを外します。

 

シリンダーが外れますので落ちないように手で支えます。

シリンダーが外れます。

 

ここから先は、上側のシリンダーを分解清掃したときのページをご覧ください。同じように分解清掃できます。

シリンダーを取り出します。

 

パーツクリーナーでシリンダーを洗浄して、鍵穴専用スプレーで油を塗布して元に戻します。

パーツクリーナーで洗浄

 

下側のシリンダーは、上側のシリンダーより簡単に取り外せるので、気軽に掃除できました。

テフロンを再加工したティファールのフライパンの耐久性、1年半後のレポートです。

修理 | by 管理者
10月 19日 2012 年

IH対応のティファールのフライパンが新品で購入してから3年でこびり付くようになったので、2011年4月にテフロンを再加工して、ようやく1年半経過しました。

新品から3年でテフロンがダメになったので、再加工してから少なくとも3年持って欲しいという願いを込めてのレポートです。

再加工したときと半年後のフライパンの状態は以下のリンクをご覧ください。

・2011年4月の再加工したときの記事

・再加工してから半年経過したフライパンの状態の記事

 

ここからは再加工から1年半後の状態の写真です。

22cmIH対応フライパン

 

30cmIH対応ウォックパン

中華なべ代わりに使えるので30cmIH対応ウォックパンの使用頻度はかなり高いです。

そのため、多少くたびれたかな?なんて思っていたら、2011年10月の写真を見てもあまり変化なし。

当然、こびりつきも無く、全然問題なしです。

22cmIH対応フライパンも写真のとおり全然問題なし。

 

テフロンの再加工賃はネットで調べた加工業者にお願いして、30cmIH対応ウォックパンが1,900円、22cmIH対応フライパン1,400円でした。

安物フライパンならこの価格で新品が買えてしまいますが、「取っ手がとれる」ティファールのフライパンは台所収納に重宝しており、他のフライパンに変えるつもりはありません。・・・他のフライパンに変えたらシンクの下は一杯で収納できないので頭を抱えて悩むことになる。

目標の3年まであと1年半、がんばって欲しいです。

そして、またまた(再)再加工?